テーマ:旅行

向日葵、ひまわり、ヒマワリ、Sunflower。

ひまわりは、吉田拓郎の1980年代最後のアルバムで、すべて作詞・作曲・編曲を吉田拓郎が担当している。 いや、そっちではなくて、向日葵。 撮影地は、岡山県高梁市成羽地区(旧成羽町)で、夫婦岩の直ぐ近く。 オイラ達が、餓鬼の頃に小学校とか、近所の庭で見たヒマワリよりも小ぶりなやつではあるが、かなりの規模で植えられているので壮観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風呂、温泉とオヤジ。 唸り声は何故出るのかの考察

幼い頃、自宅の風呂が壊れて、父親と銭湯に行ったことがあった。 そこで、その声を多分初めて聞いた。 「うぅぅっ!」 「あーーーっ」 決して大きな声ではない、絞り出されるような声をおじさん達が湯船に浸かる時に発していたのだ。 あの頃、父親はまだ30代だった思うから、恐らく父親は唸らなかった。 長じてから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書寫山圓教寺 -天台宗 西の比叡山- トムクルーズのラストサムライロケ地。

書寫山圓教寺と言えば、あのトムクルーズや渡辺謙、真田広之などの出演でヒットした映画ラストサムライや大河ドラマ軍師官兵衛と武蔵-MUSASHI-、邦画では駆け込み女と駆け出し男、天地明察、源氏物語 千年の謎などのロケ地としても有名な天台宗の古刹である。 以前から行ってみたいと思っていたんだがなかなかタイミングが合わず、明石城や明石海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国宝がある刀田山鶴林寺 -聖徳太子創立&加古川市の天台宗寺院-

加古川市に聖徳太子創立の刀田山鶴林寺という天台宗の寺院がある。 高句麗の僧がその地を追われてここに身を隠していたのを聖徳太子が仏法の教えを得るために来られて泰川勝に命じて建立された寺院らしい。本尊は薬師如来。 平安時代建築の太子堂(国宝)をはじめ、「あいたた観音」など多くの文化財を有し、「西の法隆寺」とも称されている播磨地方有数の古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明石城築城400周年と孫文ゆかりの明石海峡大橋そばの舞子公園。

明石城築城400周年だそうだ。日本100名城のひとつで、明石駅前にある明石城は、元和5年(1619)に小笠原忠政によって築城された、徳川幕府による西の要の一つらしい。 実は、明石市には縁者が複数いて、何度も立ち寄っているし、随分昔にはなるが長男長女がまだ小学生ぐらいの頃にキャンプがてらこの地に立ち寄って、魚の棚商店街で明石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミラーレス1眼レフカメラとポケモンGO -とある夫婦の趣味の一致点-

下手の横好きレベルではあるが、このミラーレス1眼レフでの写真撮影を趣味としている。 キャンプでも気軽に持って行けるサイズと極端に純正レンズが豊富ではないという理由でニコンのJ5という絶滅危惧種のミラーレス1眼レフを買ったら、昨年Nikonがフルサイズミラーレスを二機種発表して当然のようにマウントも新しくFTZマウントにして本当に絶滅さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋のマチュピチュ別子銅山と打ち抜き自噴井戸と昼ご飯編 -Ryoma旅行社 大人の日帰旅行No2-

東洋のマチュピチュと言われ、インスタ蝿・・・いやインスタ映えすると話題の愛媛県新居浜市にある別子銅山を目指す前に、エビライスとカレーが旨いと評判の愛媛県西条市飯岡のブルドッグさんで昼ご飯を食べて、うちぬきと呼ばれている自噴井戸で珈琲や炊飯用に水汲みをする事にした。 まずは思った以上に運動をしたので昼ご飯。 ブルドッグさんへ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中四国最高峰石鎚山編 -Ryoma旅行社 大人の日帰旅行No2-

2018年11月10日に仲良くさせて頂いてるご夫婦をお誘いして、中四国最高峰の霊峰石鎚山と東洋のマチュピチュ 別子銅山へ行って来たんだが、まずは霊峰石鎚山編。 朝、お迎えに行ってから、一路うどん県へ。 霊峰石鎚山は愛媛県になるのでうどん県では西の端の絶品男うどんの西端手打 上戸を目指す。 営業時間は朝6時からだし、この時間なら朝う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新幹線こだま730号大阪行きはハローキティ新幹線だった・・・。

休日出勤で大阪出張だった。 何にも考えずに到着時刻からの逆算で新大阪までの切符を窓口で買った。 こだまで1駅乗ってのぞみに乗り換えてというのは、オイラの大阪出張の時のいつものルート。 新幹線ホームに行くと、やたらと小さな女の子と一緒の家族連れが多い。 どっかで何かのイベントでもあるだろうなぁと思いつつ、新幹線を待っていると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二人のヒッチハイカー。 山口の大学生よ頑張れ。

岩倉ファームパークキャンプ場に4年ぶりに行って、久し振りなキャンパー達と親交を温めた帰り道。 昼ご飯を、せっかくの広島だからとチェーン店ではあるが、名前が気になるお好み焼き店で食べた。 しんしん ゴクゴク普通に肉玉そばを注文し、コテで食すのが通らしいがコテと箸で食べて、廿日市ICから山陽道で家路へ。 トイレ休憩と…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

No3 四国四県制覇オヤジ旅 檮原から宇和島・松山編

朝8時過ぎに土佐の日曜市で中日そばを食べてからの出発で高知県と愛媛県の境に近い檮原エリアを目指す。 このルートは概ね坂本龍馬を始めとする幕末勤王の志士の脱藩ルートである。 でっ最初の目的地は土佐の四傑で龍馬達に先駆けて脱藩し、天誅組を組織して大和国で挙兵するが、八月十八日の政変で情勢が一変し戦死した、吉村虎太郎の生家。 といっても…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

No2 四国四県制覇オヤジ旅 高知編

祖谷のかずら橋から国道32号~高知道と移動し、南国ICで降りて高知県編となったオヤジ旅だが、次の目的地は、どちらかというとオイラの趣味でネッツトヨタ南国さん経営の四国自動車博物館。 ■四国自動車博物館 住所:高知県香南市野市町大谷896 電話:0887-56-5557 開館時間: 10:00am ~ 5:00pm 休館日:…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

No1 四国四県制覇オヤジ旅 香川・徳島編

ついこの前も香川県うどんツアーをしたばかりなんだが、またまた、かわやんとのオヤジ旅。 ツアーコンダクターも前回同様に有り難く拝命した。 今回の目的は、歴史建造物の旅。 神社仏閣、城などが好きなオヤジ2人が1泊2日で四国四県のそうした物を見て回ろうとという計画。 今回は朝、7時に出発し、瀬戸大橋を渡ってうどん県へ。 前回の旅でう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

朝うどん

今朝のうどん(笑) うどん県、2日目の朝。 製麺所のうどんでスタート ↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m ↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m にほんブログ村 アレコレ お得情報
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うどん県

朝ごはんを食べに瀬戸大橋を渡った(笑) ↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m ↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m にほんブログ村 アレコレ お得情報
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仁淀ブルーを見せたくて。 高知県吾川郡仁淀川町

2012年3月25日のNHKスペシャル「仁淀川 青の神秘」で、仁淀ブルー(NIYODO BLUE )という言葉が一気に全国区になった。 日本全国の水質ランキングで1位となった仁淀川。 源流域である安居渓谷と中津渓谷を関東に引っ越した娘と奥さんに見せたくて、お盆休みに連れていった。 本当は、最上流の愛媛県の石鎚山の麓近くにある、面河…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

うどん県のうどん 手切り麺の白川うどん -讃岐うどん巡礼-

香川県善通寺市にある白川うどんは、讃岐うどんの名店といわれる所でも数少なくなった機械を使わない手切り麺のうどん店だ。 職人が作る、手切りの讃岐うどんは30分以上は作り置かないという鮮度の良さに加えて、ダシも天然材料のみ使用というのがウレシイ、セルフうどん店だ。 近くには山下うどんもあるが、手切りの讃岐うどんに惹かれて今回はこちら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八十一番札所 綾松山 洞林院 白峯寺 崇徳上皇の事績を求めて。

八十一番札所 綾松山 洞林院 白峯寺には、四国唯一の天皇陵である白峯陵がある。 上田秋成作「雨月物語」の伝説では、西行法師が訪れたともいう。 そうそう、この白峰山には相模坊という大天狗もいるらしい。 日本を代表する八天狗は、愛宕山太郎坊、比良山次郎坊、飯綱三郎、鞍馬山僧正坊、大山伯耆坊、彦山豊前坊、大峰山前鬼坊、白峰相模坊であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛骨ラーメン すみれ -鳥取県琴浦町浦安-

すみれは、鳥取県琴浦町に古くからあるラーメン店。 オイラが倉吉市に住んでいた1990年代に通っていた頃は特に牛骨ラーメンとは記載されていなかったが、その頃も今も牛骨で出汁をとった、牛骨ラーメンだったそうだ。 まぁ、鳥取県中部地方のラーメンというのか中華そば、支那そばというのは当時から殆どが牛骨で出汁を取ったラーメンだったらしく、地元…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

七十九番札所 金華山 高照院 天皇寺 崇徳上皇の事績を求めて。

七十九番札所 金華山 高照院 天皇寺は、香川県坂出市西庄町天皇1713-2にある。 天皇寺とは恐れ多い名称であるが、崇徳上皇が長寛2年(1164)御寿46年で崩御され、亡骸の処遇についての使者を待つ間にこの地の八十場霊泉を使ったところ、21日を過ぎても生きておられるかのようだったというその八十場霊泉のある地である。 崇徳上皇を祀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七十七番札所 桑多山 明王院 道隆寺 眼病平癒にお参りした。

香川県仲多度郡多度津町にある七十七番札所 桑多山 明王院 道隆は、眼病平癒に御利益があるとされている。 義父の目の手術が決まった事、それ以前に義母も目の手術をした事、まぁオイラも大人眼鏡がいる多し頃になったということでお参りに行った。 真言宗醍醐派だそうで、ご本尊は薬師如来で創建は和銅5年(712)だそうだ。 道隆寺山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近年祭屋台考察。 2016年秋

餓鬼どもが大きくなり、夏祭りや土曜夜市はもちろんのこと、秋祭りですらあまり行く事が無くなっていわゆる、香具師の方々が出す、プロの屋台を見て回る事が少なくなっていた。 思えば、ここ数年は地元の秋祭りの日もキャンプに出掛けていたりしていた。 今年は、仕事と家庭の都合でノーキャンプな週末が多いのだが、たまたま秋祭りと重なる土日に出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

150年目の龍馬忌。

峰や。軍鶏でも買うて来い。鍋にでもしようぜよ。 これが、恐らく坂本龍馬さんが発した言葉で最後に記録されている言葉らしい。 菊屋峰吉さんは、龍馬さんと慎太郎さんが暗殺される夜は、中岡慎太郎さんから頼まれた使い終え、近江屋を訪れたあとに再び龍馬さんから軍鶏を買う使いを頼まれたため難をまぬがれ、近江屋に戻ったところで暗殺を知り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都龍馬紀行 2016 没後150年に行ってきた。

今年は坂本龍馬さんの没後150年だそうで、京都国立博物館で坂本龍馬さんの没後150年の特別展覧会が開催との情報を掴んでから完全に浮き足立っていた。 ◆没後150年 坂本龍馬 特別展覧会 京都国立博物館 どうしても行きたい、これを逃すとかなり後悔すると意気込んで、長男とふたり旅に出た。 前述の記事の通り、9時半には京都市内に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

没後150年 坂本龍馬 特別展覧会 京都国立博物館

「そうだ、京都に行こう。」は確かJRさんか国鉄さんのキャンペーンのキャッチフレーズだったと思う。 今年の秋は、正にそのそうだ、京都に行こう。であったのだ。 何せ、タイトルの通、京都国立博物館で坂本龍馬さんの没後150年の特別展覧会が開催されている。 ※2016(平成28)年10月15日(土)~11月27日(日) ※午前9時30分…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2回目のどすぇ!

京都の朝は、昨日とうってかわってどんよりと曇っている。 今日は、少し観光をして帰るつもり。 この街に居ると幕末などは、つい最近の出来事のように思えるから、不思議だ。   坂本龍馬を歩く (ヤマケイ文庫) EYESCREAM(アイスクリーム) 2016年 12 月号 ことりっぷマガジン 特別編…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

どすぇ!

国立京都博物館どすぇ(笑) 坂本龍馬展目指して大混雑どすぇ!   ↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m ↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m にほんブログ村 アレコレ お得情報
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥取県中部地震直前の倉吉風景。 復興祈念とまた遊びに行きたいね。

偶然ではあるが、2016年10月、あの震度6弱を記録した鳥取県中部地震の2週間ほど前に倉吉市を訪れていた。 いつか記事にしようと思っていた矢先に地震があり、ちょっと躊躇していたのだが、少し落ち着いてきたという事と案外資料として役に立つのかもしれないと思い直して記事にしてみる事にした。 出来れば、Yahoo!!さんやらでの義援金募…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国四川料理 ドンシュー -島根県雲南市三刀屋町-

中国四川料理 ドンシューは、あの料理の鉄人、陳建一氏の元で修行したらしい、三刀屋町の名店。 噂には聞きながらも行く事が無いままであったのだが、先日のわかあゆの里キャンプ場の帰りにゼブちゃん、しげパパ、かわやんとで立ち寄った。 ここドンシューと言えば「コバケン」さんが常連。 その名前を冠した裏メニュー的な定食も存在するらしい。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

倉敷市玉島乙島、戸島神社の秋祭り。 

この秋祭りは10月の最終の土日である。 そして、千歳楽と呼ばれる氏子が担ぐ御輿が市内でもっとも多く派手なのがこの地域の特徴。 といっても、今現在住んでいる地域は生まれ育った場所ではなく、生まれ育った場所の青年団は引っ越しと同時に抜けてしまってもう二十数年になるのですっかりご無沙汰。 更に今現在の居住地も氏神さん的には新しい土地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more