テーマ:旅行

ふみちゃん 堀川町店 -広島お好み焼き-

ふみちゃんは広島のお好み焼きの名店のひとつらしい。 らしいというのは、popyさんに教えて貰うまで知らなかったから(笑) でっ出張で広島へ行ったのでやはり昼飯はお好み焼きでしょうという事で立ち寄った。 その昔、夜の流川はウロウロしていたものだが、昼間は殆ど行った記憶は無い(笑) 25年ぶりのカープ優勝に酔いしれている街を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鯉の街。

鯉の街と言っていい状態の広島市内に出張中。 カープ一色にアウェイ感が、半端ない(笑) 今日は夜まで研修だ。   ↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m ↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m にほんブログ村 アレコレ お得情報
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍頭が滝 日本の滝100選 -島根県雲南市-

龍頭が滝は落差40mの雄滝と30mの雌滝からなる龍頭が滝は、中国地方随一の名瀑と言われているらしい。 いつも通っている出雲市乙立のわかあゆの里キャンプ場への往復で案内看板は見ていたのだが行ったことはなかった。 国道54号線(掛合道の駅)から約5kmで駐車場龍頭ヶ滝の駐車場に到着する。 源頼朝の名馬、池月の伝説がここにも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄の町 吉田 田部家の町 奥出雲の旅

鉄山経営者「田部家」を中心に、たたら製鉄の町として栄えた旧吉田村こと現雲南市吉田町。 「もののけ姫」にも登場する出雲地方の山林王でもある田部家の企業城下町である。 田部家の黄金時代には山林25000ヘクタールをもち田地が1000ヘクタール、小作1000戸、牛馬1000頭、島根県飯石郡はその大部分が田部家の領地であるという名実とも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無計画一人旅で土佐から阿波。

高知県南国市左右山の道の駅南国風良里で人生初のP泊をした翌朝。 高知道南国ICからすぐで国道12号沿いの為、結構朝早くから車の行き来がある。 しかも、この道の駅南国風良里は午前8:00には開く施設もあるので6時過ぎぐらいから地元の方が納品に来られる。 道の駅南国風良里にあるはりまや橋(笑) 五時半頃に目覚めて、自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャンプ場のご利用は計画的に♪

世間では三連休。オイラは土曜日に有休を取って無理矢理三連休(笑) 昨年は長女の成人式もあったりだが、今年はない。 キャンパーと一緒にキャンプに行こうと計画をちょっぴり練っていたんだが、あちらに所用が出来てあえなく中止。 有休申請は既に出しているしと、ごそごそと思い立ったのが金曜日。 予報では県北・山陰方面は天気が崩れそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デッカイ夢を持たんといかんぜよ

土佐、桂浜。 坂本龍馬さんに逢いに来た。 やっぱり、土佐(高知)は好きだなぁ。 さて、どうするかな(笑) やっぱり、定番の日曜市で朝飯かっ ↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m ↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m にほんブログ村 アレコレ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここはどこだ?

今日はこちらで(笑) 予定に全く無いところに来てます。 さて、どうするか考え中。 ↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m ↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m にほんブログ村 アレコレ お得情報
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラムネ銀泉 頓原天然炭酸泉 源泉掛け流しの湯

ラムネ銀泉 頓原天然炭酸泉 源泉掛け流しの湯はFUKAちゃんお薦めの温泉。 いつものわかあゆの里キャンプ場からの帰りに立ち寄った記録を引っ張り出してみた。 日本でも珍しい炭酸ガス・炭酸水素イオン混在温泉らしい。 しかも高濃度で効能が美肌♪ ラムネ銀泉のお湯の色は、3週間程度かけて、透明からグリーン、グリーンから黄色、黄色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白楽天 -愛媛県今治市- 焼豚玉子飯

白楽天は愛媛県今治市にある中華料理店。 あの重松飯店と並び称される焼豚玉子飯の店だそうだ。 場所は今治市の官庁街にあり、駐車場もあるんだが、やはり人気店なので土日は長蛇の列となる。 今回は長男が本場の焼豚玉子飯を食べたことが無いというので行列覚悟でこの白楽天へ。 白楽天 駐車場に入れるのに10分ほど待って店内に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山県立森林公園を散策♪

明治天皇陛下のお誕生日であり、それに合わせて現日本国憲法の発布の日とした事によってGHQ等々の戦勝国からいちゃもんをつけられずに無事国民の祝日となった「文化の日」。 いや、話は政治的な話題では無く、そんな祝日の朝にあまりに晴天なので紅葉狩り的に岡山県立森林公園へ行ったという話。 実はこの岡山県立森林公園は岡山県が明治100年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しまなみ街道 芸予要塞 小島(おじま) No3

中部砲台跡からしまなみ街道 芸予要塞 小島の北部砲台を目指して暫し歩く。 この日は晩秋に差し掛かる時期にも関わらず汗ばむ陽気だった。 元記事 ■しまなみ街道 芸予要塞 小島(おじま) No1 ■しまなみ街道 芸予要塞 小島(おじま) No2 芸予要塞 小島の中部砲台跡から時間にして徒歩で15分足らずだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しまなみ街道 芸予要塞 小島(おじま) No2

芸予要塞 小島の中部砲台跡へ到着編。 元記事 ■しまなみ街道 芸予要塞 小島(おじま) No1 発電所跡、南部砲台跡、弾薬庫跡から暫く歩くと一番メインの中部砲台跡と司令部跡になる 26cm砲が6門も配備されていたというだけあって、かなりの広さだ。 小島の中部砲台跡 26cm砲砲台跡 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

しまなみ街道 芸予要塞 小島(おじま) No1

しまなみ街道 芸予要塞 小島(おじま)は愛媛県今治市沖の来島海峡に浮かぶ小さな島だ。 日清戦争当時、日露戦争を予感した大日本帝国がロシア海軍の侵攻を防ぐために築いた日本陸軍の海岸要塞で、明治32年から2年間の突貫工事で、当時の30万円の巨費を投じたそうだ。 陣頭指揮を執ったのは陸軍工兵中佐 上原勇作という人物。 さて、実際…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

蒜山手打ちうどん やす坊 -蒜山高原で一番旨いうどん(断言)-

蒜山手打ちうどん やす坊は真庭市になった蒜山高原にある讃岐うどんの名店。 元々はここではなく、本場讃岐(香川県の丸亀市)でうどん店をされていたのが、この蒜山高原の水に惚れ込んで移転したという話だ。 丸亀製麺がない丸亀市で営業していたうどん店が蒜山に移転とは(笑) 恐らく、家族経営のうどん店で、本場の讃岐うどんと同じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産 石見銀山 -島根県大田市-

世界遺産 石見銀山。言わずと知れた、島根県大田市にある銀山跡の遺跡。 我が国は江戸時代末期には世界最大の銀産出国であった。 ここ石見銀山は銀山として大いに賑わったところで、今回が二回目の訪問であるが前回が20年ほど前で観光地としてはもう何というのかウラビレタ感じのしていた時代に訪問して以来だったのでその隆盛振りにビックリした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂出 山下うどん店 -讃岐うどん巡礼-

山下うどん店といえば、元祖ぶっかけの善通寺市の山下うどんが有名だが、こちらは、坂出市の山下うどん店。 綾川が静かに流れのどかな雰囲気の民家の倉庫という感じ。 清流の水で、じっくりと練り上げられた麺は、ふっくらとコシがあり歯ごたえ十分で未だに薪をくべて大釜でうどんを茹でている。 そしてここの特徴は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

製麺所タイプの名店 蒲生うどん(がもう) -讃岐うどん巡礼-

坂出周辺でオススメの製麺所タイプのセルフうどんと言えばここ、「がもう」をオススメする。 過去にも数度行っているお気に入りの讃岐うどん店だ。 と、このRyoma's barをググったら実は記事にしていなかった(笑) そう言えば、初めて行った頃はまだブログなんて仕組みが無かったし、その後数回行った頃はブログはやっていたけれど、頑な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼の舌震い -島根県奥出雲町-

鬼の舌震いとは島根県奥出雲町にある峡谷のことで斐伊川支流の大馬木川上流に位置するV字谷。 1927年(昭和2年)4月8日に国の名勝及び天然記念物に指定され、正式指定名称は鬼舌振(おにのしたぶる)らしい。 仁多郡奥出雲町三成宇根にあるんだが、恐らく20年ぶりぐらいの訪問で、じっくりと独り歩きするつもりで行った。 宇根駐車場は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重要文化財 櫻井家住宅と日本庭園

重要文化財 櫻井家住宅と日本庭園は奥出雲町にある。 隣接するか可部屋集成館で受付をして見学をさせて貰う訳だが、実はこの日本庭園は櫻井家の6代目 櫻井勘左衛門苗清の時に松江藩主松平治郷(不昧)公御成に併せて作庭されたものだそうだ。 二一〇数年前に作られて今もその佇まいを見せているという日本庭園に興味があったので立ち寄って見た。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼蕎麦 -奥出雲の手打ち蕎麦-

鬼蕎麦は島根県仁多郡奥出雲町三成とあるから、昔の仁多町だね。 島根リハビリテーション学院から鬼の舌震方面へ行く途中にある。 丁度、旧仁多町中心街から鬼の舌震方面へ別れる三叉路。 拘りがあるので団体や急ぎの客には向いていないらしい。 今回は一人旅だったので丁度良い塩梅だったか。 店舗外観はこんな感じ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セルフ式讃岐うどん こがね製麺所 空港通り店 -高松市香川町- 

セルフ式讃岐うどん こがね製麺所は香川県丸亀市に本店を置く、セルフうどんのチェーン店。 丸亀製麺のように丸亀になくて、本拠地が兵庫県ではない(笑) 地元の人たちが普段使いしているセルフチェーンならばまず間違いなかろうという事でおひとり様でもあったので立ち寄った。 頼んだのは冷たいぶっかけの中。トッピングは鳥天。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の湯温泉 -香川県高松市塩江町-

奥の湯温泉は香川県の塩江温泉郷にある温泉。 大滝山県民いこいの森キャンプ場からも近いし、関連施設に奥の湯公園キャンプ場というのもあるらしい。(温泉施設から500mほどのところ) 何でも奈良時代に行基が発見したと言われる塩江温泉。 僅かながら硫化水素臭を感じ、ぬるぬる感・スベスベ感があって肌触りもやわらかいお湯がウリだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善通寺 空海さんの産まれたところ。

牛に引かれて・・・いやそれは善光寺だし、長野県松本市だし(爆) 総本山善通寺は香川県善通寺市善通寺だ。 宝亀5年(774年)6月15日、御父・佐伯直田公(さえきあたいのたぎみ)と御母・玉寄御前(たまよりごぜん)の子として善通寺の地に御誕生なったのが幼名:「真魚(まお)」こと、後の空海で弘法大師さんなんだね。 いつぶりか忘れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釜揚げうどん 長田in香の香 -香川県善通寺市- 

釜揚げうどん 長田in香の香は香川県善通寺市金蔵寺にある釜揚げうどんの名店。 場所的には四国88カ所の金蔵寺の前にあり、判りやすい。 店舗外観はこんな感じ。 平日でも昼時はこんな行列の出来る店。 出汁とうどんにこだわっているうどん店で、メニューは基本的に釜揚げか冷やししかない。 サイドメニューも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釜玉うどん発祥の地 山越うどん -香川県綾川町-

山越うどんは香川県綾歌郡綾川町にある釜玉うどん発祥の地と言われているうどん店。 タイプ的にはいわゆる製麺所系で日曜日定休のお店。 店舗はこんな感じで看板とか無いと判らないだろうなぁという感じ。 超が付く人気店なので開店前頃にそれも出来れば土曜日では無くて平日に行くのがオススメ。 土曜日や祝日なら2000人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸亀城の桜

史跡丸亀城跡は国指定の史跡で標高66mの亀山に築かれた平山城。 石垣の名城であり、現存する木造天守閣12の内の一つ。 従って江戸初期の面影を残す貴重な史跡なのである。 中讃地域にはちょいちょい行くことがあったのに何故か、ここ丸亀城は行った事が無かった。 とある日にちょっと立ち寄ったら、四国は暖かく既に満開に近い桜を拝めた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年ヒロシマと呉 プチ家族旅行No2

翌朝は、ホテルのオマケ的な朝食で済まして、9時過ぎに海上自衛隊艦艇見学へ。 「アレイからすこじま」の駐車場へ車を駐めて向かう。 自衛隊施設内にも駐車可能なんだが、国内で唯一、潜水艦を間近で見ることができる公園「アレイからすこじま」でしばし写真撮影もしたかったのでこちらに駐車。 駐車場周辺は旧呉海軍工廠で職工…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年ヒロシマと呉 プチ家族旅行No1

2014年の冬に「じゃらん」さんの懸賞で秋の旅行に関する写真募集が有り、CANONのコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)SX700HSの優秀なエンジンに助けられて入賞し、「じゃらん」ポイントを期間限定で頂いた。 楽天市場さんほど短い期間限定ではないが、取り急ぎポイント消化で選んだのは、広島市と呉市。 理由は、2つあって、一つ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おそ露西亜! 鳥取砂丘 砂の美術館

鳥取砂丘 砂の美術館へ行って来た。 前から気になっていたんだが、鳥取市へ行く用事もなく、キャンプで行くにしても砂丘周辺だと暑いしねぇという感じだった。 ところが、先日懸賞で鳥取市観光協会さんかこの鳥取砂丘 砂の美術館の招待券を頂いたのでまぁ理由が出来たという訳でさっそく行ってきた。 おそ露西亜というのは2014年4月16日…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more