テーマ:野球

ガンバレ!ニッポン!

タイトルが何だか、アラジンのようになってしまった。 一党独裁政権下で行われるオリンピックに初参加の我が国。 いや、戦前はベルリンがあった。モスクワはボイコットで不参加だが。 事前に天候を操作し、開会式を晴れにしたり、花火がCGだったり、舞台にいた少女は口パクであった。 ウィグル地区、チベット、台湾などの取り敢えず表に…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

オールスターゲーム

今日、プロ野球のオールスターゲームが開催される。 先発はダルビッシュと高橋の予定だそうだ。 何でも星野ジャパンの為にオリンピックで予想されるシフトで守備をさせたり、ヤクルトの宮本が五輪代表初選出の選手と交流を深めたりするそうだ。 でも何だかイマイチ、乗り気がしない。 何だろう? オールスターゲームに魅力を感じな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外人部隊・・・

プロ野球も交流戦で大いに揉めている。 虎の尻尾を掴みたい龍は落ち、公式戦で元気がなかった我が読売巨人軍は交流戦の優勝争いに絡んでセリーグ3位まで順位を上げて貯金も作った。 そしてこの日。 王貞治率いるソフトバンクホークスとの優勝争いに大道と木村拓也の活躍で勝った。 勿論、その前に鈴木がとか由伸は猛打ショーとか色々生え…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

日本代表最終候補選手

日本代表最終候補選手が発表された。 ▼ 投手 16名   上原 浩治    読売   川上 憲伸    中日   岩瀬 仁紀    中日   吉見 一起    中日   岩田  稔    阪神   藤川 球児    阪神   久保田 智之   阪神   ダルビッシュ 有 北海道日本ハム   成瀬 善久    千葉…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

上原でも勝てず・・・。

開幕から4連敗。 ヤクルト相手に高橋久とかグラインシンガーとかでエース温存したのに結局上原も9回に中村に打たれて岩瀬で終了・・・・。 大丈夫か?原采配。 裏目に全部出てないか? しかも3点止まり・・・打てないなぁ~ エース先発でこれじゃ、もう・・・・。 あかん、もうマイナスな事ばっか考える…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

星野仙一記念館

倉敷市の美観地区に星野仙一記念館が出来た。 彼の通っていた倉敷商業高校からもほど近く、確かここから南へちょっと下ればその倉敷商業高校野球部のグランドもある。 場所的にはそういう意味で違和感はない。 この美観地区に、いがらしゆみこ美術館(権利関係で代表作キャンディキャンディはない)があったり、コロッケや梅宮辰夫、五木ひろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

開幕戦

セ・リーグの開幕である。 我が栄光のジャイアンツ(読売巨人軍)はヤクルトスワローズとの因縁の対決となった。 言うまでもなく、四番ラミネスを引き抜いた事に端を発する訳だが、その上あの壁際の職人の高田繁氏がヤクルトの監督なんである。 先発は去年の実績をかわれた高橋尚。ヤクルトは石川。 ・・・・。 上原でない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ボールを置いた18番。

桑田真澄が引退を表明した。 Piratesからメジャー昇格の可能性が無いことを告げられた事からの決断だったようだ。 PL学園時代から同世代のヒーローとして桑田真澄は清原和博とともにいた。 ジャイアンツのエースで18を背負った男。 背番号18は我々の世代では桑田真澄であった。 卓越した野球理論に素晴らしい投球術とフィール…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

巨人戦延長はワンセグ

野球放送の延長が巨人の人気低迷に引きずられるように無くなってきて久しいが、今年はどーやら違うらしい。 ワンセグで延長放送してくれるらしいのだ。 勿論、全試合ではないだろうが、定時で試合が終了してない場合にワンセグで放送する方針を日テレの久保伸太郎社長が定例社長会見で明らかにしたらしい。 これでG+の加入も必要ないし、家…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

桑田と清原

桑田真澄と清原和博は言わずと知れた、PL学園の同級生で日本プロ野球を代表する選手で有り続けた二人である。 オイラは彼らと同級生(といっても一緒の学校だったわけではなく、歳が一緒っていう程度だが)であり、その時代を含めジャイアンツの強かった時代と長嶋茂雄と王貞治のカリスマを見て育った。 二人とも最晩年と言われるような歳になり、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

嘘のない大人に

「大人の世界ではうそをついたりする。みんなは野球をしていると、うそは通じないと分かっていると思う。うそのない大人になってほしい」 シアトル・マリナーズのイチローが、故郷の愛知・豊山町で行われたイチロー杯争奪の学童軟式野球大会閉会式で語った言葉である。 言葉そのものは当たり前であるがいいことを言う。 郷土が生んだ世界的な野球…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

福留孝介

福留孝介が我が栄光の読売巨人軍の 「FA選手の海外流失を防ぎたい!」 という崇高な思い(笑)を見事に袖にしてカブスと4年契約で年俸総額は4800万ドル(約53億2800万円)で契約したという。 このニュースは左打者不足に泣くカブスにとってもビッグニュースで早速公式サイトでその事が報じられていた。 2007/12/…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

野球

俳人正岡子規がベースボールの邦訳として野球という言葉を編み出して以来、この国の男の子と大人はこのスポーツに夢中になってきた。 もはや、国技といっても良いほどの普及をし、その後サッカーの台頭はあったものの未だこの国のメジャースポーツといえば野球であろう。 その野球は、ベースボールとは違い、緻密で技術が優先される職人技の世界であ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

神様、仏様、稲尾様。

3連敗の後4連勝で、日本一を勝ち取った男がいた。 西鉄ライオンズの鉄腕、稲尾和久である。 その巨星が逝った。 この日本シリーズを最後に川上哲治はバットを置いた。 川上はその後、V9時代を築いて巨人・大鵬・卵焼きの時代を作った。 長嶋茂雄は新人で思いもしない屈辱を味わった。その後、巨人は近鉄を相手に3連敗の後4連勝で…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

いざ、北海道!

北海道である。 季節的には雪も無いし、肌寒いがウロウロするにはもってこいである。 食欲の秋だっ! そして北海道といえば蟹だ。 いや、しかし、値段がなぁ・・・・。 じゃあ、イクラ丼か? うーーーーん。どうしようか? ジンギスカンも捨てがたいしなぁ・・・・・・。 ウニもいいぞ。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

オレ流

落合博満監督の下で中日ドラゴンズが53年ぶりに日本一となった。 あのフォークの杉下投手を擁した時代から53年ぶり。 そして、クライマックスシリーズという制度のせいで、リーグ優勝をしていないチームがついに日本一となった。 リーグ戦に終盤で見切りをつけて、CSに照準を合わせて、短期決戦をきちんとした戦略で勝ち抜いた。まさに選手起用…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が栄光の。

悪夢だった。 5年ぶりのセリーグ優勝を果たし、2週間も待たされて始まったクライマックスシリーズ第2ステージ。 リーグ戦と同じ陣容で同じスタイルで臨んだ原ジャイアンツは、裏をかいてペナントレースでは一度しか対戦していない小笠原をぶつけてきた落合ドラゴンズの術中に見事に嵌った。 短期決戦で一番してはいけない、敵の四番に一発を許…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日本放送

日本放送に「松本秀夫のショウアップナイター」という番組がある。 ”ショウアップナイター”のくせにこの番組まともに中継をやらないのだ。 あの原ジャイアンツが5年ぶりの優勝となる日でも、何故か途中で中継をはさみながら、歌謡曲を視聴者リクエスト形式で流していた。 そして今日。 まぁ思い返せば、聞かない方が幸せな結果では…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

CS・・・・。(T△T)

クライマックスシリーズの第2ステージ真っ盛りである。 日本ハムは、新庄剛志、小笠原道大、岡島秀樹を失い、シーズン中でのヒルマン(シンジラレナーイ)監督の辞任表明に高田GMの辞任とヤクルト監督就任情報というとんでもない状況の中、出来ちゃった結婚のダルビッシュくんの活躍もあり見事にクライマックスシリーズも勝ち得た。 ボビーマジッ…
トラックバック:4
コメント:9

続きを読むread more

卓と繁

世間では、世界タイトルマッチでの亀田大毅のあのだらしなさとあり得ないプロレス技の連続に呆れ、そして本人が口にした「切腹」に過剰反応している。 「切腹なんてするわけないじゃん。」 と余裕の大人対応の王者内藤大助が一人男をあげたわけだが、あんなの当たり前だ。 大体、日本人相手にガチの試合して勝てるような練習してないだろ>亀田三…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

Z旗:セ界優勝!ジャイアンツ!

Z旗(ゼットき)とは、黄・青・赤・黒の四色で染められた信号旗だ。 信号旗とは、船同士の意思疎通に使われるもので、アルファベットや数字など、万国共通のデザインになり、Z旗は「タグボート(曳船)がほしい」という意味で、 現在も使用されている。 しかし、Zがアルファベットの最後の文字であることから、 この戦いに敗れれば後がない…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

代打オレ

今季限りでの現役引退と退団を表明している、古田敦也兼任監督が「代打オレ」でようやく今季初安打と初打点を記録した。 今季も日本ハム田中幸雄、広島佐々岡、ヤクルト鈴木健、西武石井貴などのプロ野球選手が現役を引退する。  なかでもこの古田敦也はその卓越したリードとバッティングセンスで一時代を築いただけでなく選手会会長としての働きも目を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盆明けそうそうの仕事で嵌ってしまった。 実は今帰宅したところだ。 勿論、朝はいつも通りの出勤だ・・・・。 こんな初期のオフコンのマウスがあるところで朝から夜中まであれこれと作業をしていた。 でもこれを見ると、つくづくマウス(鼠)だなと。 そんなこと考えていたからか巻き添えをくわせた関係者が2名・・・・。 …
トラックバック:1
コメント:24

続きを読むread more

イチロー、マリナーズと5年契約

イチロー外野手(33)と来季から2012年までの5年契約を結んだという。 総額で1億ドル(約122億円)だという。 先日のメジャーのオールターゲームでMVPを取り、メジャーオールターゲーム史上初のランニングホームラン(向こうじゃ呼び方が違うらしいが)もやった。 メジャーでも超一流の選手であるのは間違いない。 しかし122…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

プロ野球不祥事について考える。

西武ライオンズから部員への金銭の受け渡しや部員の中学時代の野球のレベルに合わせての授業料等の減免措置(特待生)という違反行為が次々と発覚した、専修大学北上高校の野球部廃部が決まった。 学校経営も大変になるんだろうが、それは完全に自業自得だ。 日本学生野球憲章違反は完全に確信犯だろうし、コーチが部員への金銭授受を黙認したとかという…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

桜の花の咲く頃

娘が中学校へ、一番下のチビ助が小学校へ入学した。 小学校は幼稚園の隣で兄と姉がいたせいでチビは既に入学前からこの小さな小学校では有名だ。 なんせ、母親について参観日にいって教室の後ろでウロウロ・・・。 飽きてくると廊下へ出てトイレへ行って帰りに 「へんし~ん♪」 とやって教室の爆笑を誘っていた。 幼稚園か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松坂10奪三振1失点 巨人ウッズに3発撃沈

ロイヤルズ対レッドソックス戦でメジャー初登板の松坂大輔は7回まで10奪三振1失点の好投。レッドソックスが4-1で勝利をおさめ、松坂はメジャーデビュー戦で勝利投手となった。 ロイヤルズ相手なので、まぁ当然といえば当然な結果ではあるが、たいしたモンだな。 イチローや松井秀喜などの日本人バッターとの対決や井川慶との投げ合いなど楽しみが…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

セリーグ開幕っ!頑張れジャイアンツ

待ちに待ったセリーグ開幕である。 仕事を早めに、勝手に切り上げて(笑) 麦酒が冷えているのを確認し、準備万端でテレビの前に陣取る。 でもそこにそのマウンドに毎年いるはずの背番号19上原浩治の姿は無い。 かわりにそのマウンドを託されているのは内海だ。 そしてそのマウンドは横浜スタジアム・・・。9年ぶりの適地開催。 …
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

星野ジャパン、相談役に長嶋茂雄

星野ジャパンの相談役に長嶋茂雄氏の就任が決まった。 本来、体調さえ問題なければ長嶋ジャパンでWBC→北京オリンピックだっただけにご本人はこの就任について辛かったのではないかと思う。  最初は固辞されていたというのは、その辺とまぁご本人の病状もあるんではないか? あのお歳にしては、かなり驚異的な回復とはいえ、未だに杖は必要の…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

上杉達也、甲子園へ

上杉達也が甲子園(センバツ)のグランドに立つ。 そう、あのタッチ(ちょっと、ちょっとちょっとぉ~ではない)の上杉達也と同姓同名なんだそうだ。 もっとも、この上杉達也くん、偶然ではなく母親が、あだちみつる氏の「タッチ」のファンで上杉姓なので「達也」と名付けたらしい。 隣は喫茶店か?(笑) いや~本人よく野球やったなぁ~。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more