テーマ:

あぶない刑事とAmazonプライム。ボヘミアン・ラプソディAmazon.co.jp限定あるってよ。

Amazonプライムの年会費が1000円上がると騒がれているが、年会費であるのでそれ程気にしていないのが現状である。 ※年会費が4900円(税込)、月会費が500円になった。 現在、我が家ではAmazonプライム特典を絶賛活用中でオイラはFire 7 タブレットでプライムMusicやKindle本での読書にたまにであるがPrim…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

区切りの春。改元・巨人・新社会人(爆)

本日、平成31年4月1日(月)に新元号が発表された。現存する日本最古の歌集である万葉集の序文から取られ、令和と決定した。 アベノセイダーズの方々が色々とイチャモンを付けているようだが、令という漢字には、良いとか、立派なとか、敬称(敬う)意味がある。 もちろん、命令や礼状のようにいいつけという意味合いや訓令のようにきまりと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成31年度版 にっぽんの祝日カレンダーとこの国の歴史を判りやすく説明する本(書籍)

平成31年度版 にっぽんの祝日カレンダーが2019年3月7日に発売になる。 4月始まりのカレンダーでカレンダーと言うより日本の伝統と文化、休日の意味、二十四節気、雑節などをわかりやすく紹介する絵物語。 日本の歴史や文化がイラスト入りで描かれているのが最大の特徴で、この国の事を正しく知る事が出来る。 何とかマンデーで連休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伴天連の祭り前夜の休日のCafeである意味児童虐待を目撃してしまった件。

伴天連の祭り前夜・・・まっ有り体に言えば、クリスマスイブの休日な訳だが、独り最近出来たチェーン系のCafeで読書でもしながら、ランチをしようと入った。 最近は本数を減らしてはいるが喫煙者であり、珈琲と紫煙はセットで考える古いヤツなので、席数が10席ほどしかない喫煙ルームを選んで入った。 出来て半年ほどだったと思うこのCafe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼平犯科帳 本家池波正太郎と逢坂剛版について。

鬼平犯科帳と言えば、鬼の平蔵こと、火付け盗賊改の長谷川平蔵長官がお頭として活躍する、池波正太郎氏の大人気小説だが、とうの昔に池波正太郎氏が鬼籍に入って以来、当たり前だがその続編は無かった。 オイラは、この鬼平犯科帳のファンで文庫本ではあるが全巻(全24巻)揃えている。 1967年連載開始でテレビドラマ化は1969年10月7日らし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法9条を金科玉条に守れという言霊信仰の人達って何を考えているの?

久し振りの政治ネタである。政治ネタなのにコトダマ?そう思った方は、騙されたと思って読んで頂きたい。結果的に騙されたままの可能性も信条によってはあるかもしれないが(笑) アベ政治を許さないとか、憲法9条を守れとか、安保反対的な人達の事は報道されて、その逆は報道されないなと不思議に思っているオイラ。 全く話がズレるようだが正しい日本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水木しげるの妖怪道五十三次は、歌川広重の東海道五十三次の本歌取的新浮世絵!

水木しげるの妖怪道五十三次というあのゲゲゲの鬼太郎の水木しげる先生が歌川広重の東海道五十三次の本歌取的に原画を描かれて専門の方々が浮世絵に仕立てた画集がある。 これと高木コレクションと言われる歌川広重の東海道五十三次を並べて展示する企画が、平成28年7月22日~8月28日(2016/07/22-8/28)の開催期間で、岡山県の県北、渦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年参議院議員選挙 オイラは青山繁晴さんを応援する。

2016年7月10日が投票日の2016年参議院議員選挙の話だ。 オイラは、比例選挙区で自民党から出馬された独研(独立総合研究所)社長で作家の青山繁晴さんを応援する。 青山繁晴さんの事をあまり知らない人も多いと思う。 そして、今週の週刊文春に安倍晋三総理大臣から直接口説かれた青山繁晴さんのスキャンダルという記事が掲載され…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Amazon Fire タブレット8GBを格安ゲットはそろそろラストチャンスなのでポチろうかと・・・

Amazon Fire タブレット8GBはAndroid OSを元にしたamazonオリジナルOSで稼働するタブレットだ。 8GBとは言え、実質容量が5GB位しか空き容量がないタブレットなんてと思っていたんだが、ここ最近のアップグレードでプライムミュージックやプライムビデオだけではなく、KindleのデータもマイクロSDへ移動して保存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

blood type harassment (ブラハラ)

blood type harassment (ブラハラ)とは、日本及び台湾、韓国でしか起こりえないハラスメントである。 科学的に明確に否定された血液型性格分類を使って血液型で性格を決めつけられる事である。 一時期は、会社の人事採用でも血液型を聞いたり、採用試験で書かせたりする企業が出て、厚生労働省は血液型を採用面接などで尋ねない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天切り松 闇語り。

天切り松 闇語りは言わずと知れた浅田次郎の小説で、主に大正から昭和の初めに掛けて活躍した掏りや説教強盗と天切りという屋根瓦を剥がし忍び込み屋敷の主の部屋へ忍び込み、主に気取られる事無く、ブツを手に入れる盗人たちが織り成す様々な話を当時はまだ、天切りの技を教えて貰ってばかりだったり、下っ端だった頃の天切り松こと、村田松蔵が昔語りとしてあち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞と吉田清治。

先日、朝日新聞が32年間に渡って知らん顔決め込んで、その間に少なくとも朝日新聞だけで16回も記事してきたあの「吉田清治」が捏造した強制連行された慰安婦という話は、ウラが取れないので削除すると発表した。 「済州島で連行」証言 裏付け得られず虚偽と判断 とっくの昔にあれは話自体に矛盾があって、現地に行って調査しても全くそんな話は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャンプ(アウトドア)料理研究。

最近はお手軽な方向になっていたキャンプ料理だが、心機一転また色々とキャンプ料理にチャレンジしてみようと考えている。 でっ図書館で色々と料理本を物色して見た。 2週間に1回の図書館通いで料理本を漁ると入荷が追いつかなくて中々良い本に出会えない(笑) でも今回はちょっと当たりかも。 アウトドアでの調理って色々と制限もあるし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

般若心経 現代語訳、いや超現代語訳。

般若心経の現代語訳、いや超現代語訳を見つけた。 いや、これが素晴らしい。 色即是空なんて言われてもよく分からないけれど、これなら分かるわ。 そして共感出来る。 ウチは弘法大師さんの真言宗だからこの「般若心経」は良く唱えていた。 でもやはり詳しい意味は知らずにいたんだが、これに出会ってよく分かったわ。 般若心経…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

料理の勉強

恒例の二週間に一回の図書館通いをしてきた。 今回は、山本一力、浅田次郎などの小説を6冊程借りた。 それに宮崎哲弥や昭和戦争などの評論と時代本。 あとは、いつもの通りの料理本である。 今回はあまり手を出さない和食の料理本やオイラと被るので避けていた「イケメン料理人」の川越達也くんの著書などを・・・・。 あっ定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ「深夜食堂」

「深夜食堂」は、安倍夜郎がビッグコミックオリジナルに掲載中の漫画である。 これが今、まさしく深夜にテレビドラマで放映されているのだ。 顔に傷のある良い感じにくたびれた中年の男がマスターで主人公。 これを小林薫が務めるんだからたまらない。 深夜食堂 1 (ビッグコミックススペシャル)小学館 安倍 夜郎 ユーザレビュー:…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

聖☆おにいさん

「聖(セイント)☆おにいさん」という漫画がある。 漫画家の中村光さんがモーニングスーパー増刊「モーニング・ツー」で連載中のいわゆるギャグマンガである。 ここのところ、この漫画にホントに嵌っているのだ。 聖☆おにいさん 画像を見ればお気づきになるかもしれないが、何とこの漫画、仏陀(ブッダ)とイエス・キリストが長期休…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キンドル

米アマゾンが発表した電子書籍を読むための専用携帯端末「キンドル」(Amazon Kindle)の新モデル。 価格は489ドル(約4万8000円)で画面が9.7インチだそうだ。 日本では未発売。 携帯電話網を使ってダウンロードする仕組みなのでPCが要らないというのがウリらしい。 しかし、本とか新聞という紙媒体に比べると圧倒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼。上坂冬子さん

保守系ノンフィクション作家の上坂冬子さんが2009年4月14日に亡くなった。 肝不全であったようだ。がんが再発して入院していたというが、寡聞にして知らなかった。 雑誌SAPIOで闘病記を連載されていたようだが、最近読んでなかったので・・・。 東京生まれで愛知県豊田市育ち。父上は特別高等警察に勤めていたという。弟さんは、元河…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

石城日記

石城日記とは、旧忍藩(埼玉県行田市)の下級武士である尾崎石城が書いた日記で、 江戸時代には珍しい、普段の武士の生活が分かる日記であり、しかも絵日記なのである。 そこには、中級武士や町人、僧侶たちの交流が詳細に描かれている。 下級武士で独り身、諸事情で妹夫婦の居宅に居候するこの男、お勤めもそれほど無く、毎日が非番のような生活であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自虐の詩

タイトルの「自虐の詩」は、業田良家氏の名作4コマ漫画で、日本一泣ける4コマ漫画と言われているモノだ。 阿部寛が主人公の一人であるイサオを演じる映画も公開され、再び人気となっている。 (しかし、阿部寛あんなにイサオちゃんに似るとは・・・。) ストーリー的には定職に就かず、酒と博打の日々をおくる「葉山イサオ 」とその内縁の妻「…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ママチャリ

このブログの熱心な読者でマイミクでもある”じょん♪。” コイツは手先が器用で車をいじったり、Nゲージの模型やらなんやらをごそごそと作ってはmixiの日記にアップしている。 おねーちゃん絡みさえなけりゃ、ホントいいヤツだ(笑) 今日はホメとこ。 その”じょん♪。”から教えて貰ったのが、”ママチャリ”とい…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

今週もヤバイ(笑)

今週の週刊文春(9月13日号)も買えないかもしれない・・・・。 「想い出アルバム第2弾」だそうだ。 噂によると先週は1日遅れで発売になる岡山では8月31日(金曜日)の朝5時から買占め行動が始まったらしい。 岡山県だけ異常に売れているというデータになっているんだろーな、きっと。 今回はいつもの倍の配本にするんだろうか>…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

調査報告(笑)

「週刊文春が無い(笑)」で書いたとおり、岡山県下では現在週刊文春2007年9月6日号が品薄というか無い。 マイミクを含めた我調査団の調査によると、県下最大級のフタバ図書メガ青江店にも宮脇書店にもコンビニ十数件でも売れ切れが確認された。 倉敷市、岡山市、備前市、津山市での調査結果である。 あれこれ色んな人から今回の文春の…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

有閑倶楽部

有閑倶楽部といえば聖プレジデント学園に通う個性豊かな6人組、通称「有閑倶楽部」のメンバーが色々な事件を金と暇と才能で解決するアクションコメディーだ。 「りぼん」に掲載していた当時は女子から借りてよく読んでいた覚えがある。 その後、「コーラス」に掲載されて未だに続いていたのは知らなかった。 そんな有閑倶楽部が2007年10月…
トラックバック:8
コメント:4

続きを読むread more

週刊文春が無い(笑)

週刊文春は全国に流通している週刊誌だ。 ここ岡山では流通の関係上、一日遅れの金曜日に配本されている。 オイラは、毎週これを買っている。  だが、今号2007年9月6日号が近所の書店やコンビニに無い。 あれ? 何でないんだ? いつもなら月曜日になっても置いてあるのに・・・。 出版差し止めにでもなって回…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

フタバ図書

広島ではかなりメジャーな書店である、フタバ図書の岡山進出第一弾が、Mega青江店だ。 広島~福岡にかけてかなりの大型複合書店を展開するこのフタバ図書は、その昔コンピュータソフトウェアの卸もしていた。 縁あって十数年前に草鞋を脱いだこともあるこの会社なんだが、この度ようやく岡山にも出来たということで仕事で必要な書籍を買いにこの…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ピクトさん

ピクトさんが人気らしい。 「ピクトさん」とは、公共の施設などで多く見かけられる記号化された人物のことである。ピクトさんは常になんらかの被害を受けている。「ピクトさん」という名称はピクトグラム=pictogram(絵文字)に由来しているが、それだけではない。「ピクト」はすなわち「被苦人」であり、ある種の労苦を強いられている者、という意が…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

人間失格

「人間失格」いや、オイラのことではない(笑) 太宰治の「人間失格」が表紙をDEATH NOTEの小畑健氏のイラストに変えたらバカ売れなんだそうだ。 これがその表紙だ。 なるほど、こりゃ思わず手にとってしまいそうな表紙だわ。 でも、これにした途端に売れ出すというも(笑)なんだかな。 太宰治といえば「走れメロス」を…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

本を読む人、読まない人

オイラは、月に10冊程度の本と定期購読している週刊誌、青年コミック誌、アウトドア関連月刊誌を読んでいる。 仕事の関係の書籍を除いてだ。 読む本の数は、都会暮らしだともっと多くなるだろうが、通勤手段が車となる田舎だとこれ位かなと思う。別段多いとも思わないなんだが、あれこれ人と話していると、どうも多いほうの部類らしい。 そ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more