テーマ:神社仏閣

下津井吹上地区散策。

チビと二人で瀬戸大橋の膝元の児島下津井へ行ってきた。 下津井は、海岸に沿って細長く続き、山裾に向っては細い路地のある港町だ。 吹上地区を中心に古い町並みが残っていてその一角にむかし下津井廻船問屋という施設がある。 往時の下津井を紹介した施設でありがたい事に見学も駐車も無料。 江戸時代に金融業と倉庫業を営んでいた荻野家の分家の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅草寺と東京スカイツリー。

浅草といえば浅草寺(せんそうじ)でこの浅草寺は東京都内最古の寺だそうだ。 ご本尊は聖観音菩薩。元は天台宗に属していたが第二次世界大戦後独立し、聖観音宗の総本山となったそうだ。 観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」とも云われる。 推古天皇36年(628年)、宮戸川(現・隅田川)で漁をしていた檜前浜成・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芝増上寺と東京タワー。

東京タワーは幼少の頃から何度か行ったことがあり、展望台も土産物売り場も知っていた。 直ぐそばのプリンスホテルは利用したことはないが、猪瀬直樹の著作「ミカドの肖像」で大いに興味を持った。 ところが迂闊にもそのすぐ隣に存在する徳川家の手厚い加護を受けた増上寺(三縁山広度院増上寺)は一度もお参りしたことがなかった。 出張で東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山祇神社(oyamazumi)~愛媛県今治市~

大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)とは、しまなみ海道の大三島に位置する神社である。 所在地は 愛媛県今治市大三島町宮浦で大山積神を祭神とし、全国の山祇神社、三島神社の総本社である。 国宝8件、国の重要文化財75件(2008年現在)も有していて、天然記念物「大山祇神社のクスノキ群」がある。 また皇室からも厚く信奉されており、境内…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

地元の祭での成果。

by携帯 ハロウィンパーティーキャンプから帰着後。 チビとヨメが戸島神社秋季大祭の見学に行って買って来てくれた、イカヤキを温め直して、マヨネーズと一味唐辛子を足して酒の肴にして食らう。 明らかに呑み過ぎである。 明日(いや、既に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

円通寺と良寛さん

倉敷市の西のハズレの地「玉島」は、備中松山藩の飛び地であり、江戸時代は高瀬舟と千石船をつなぐ重要な港であったらしい。 その玉島に曹洞宗の古刹「円通寺」がある。 円通寺の事は以前にもこのブログで書いたが、玉島といえば円通寺で良寛さんなのだ。 前回記事「良寛修行の地」 久し振りに円通寺公園を散策。 ここは、現在桜…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

羽黒神社春季大祭は・・・

羽黒神社という神社がある。 出羽三山のから勧請したこの羽黒神社を勧請したは、往古瀬戸内の海上に浮ぶ小さな島であったが、万治元年(1658)備中松山(高梁)の城主、水谷伊勢守勝隆公が玉島地方の干拓を行うのに際し、水谷家累世の氏神、出羽国羽黒山の出羽神社(現在の三山神社)の神霊をこの地に勧請して、当地開墾の成就を祈願し、氏神として、また土…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

篦取神社の桜

倉敷市連島にある古社、篦取神社。 縁起は古く、天智天皇がどうこうという時代らしい。 ここ篦取神社は、桜の名所でもある。 満開のその時期は、遠くからでもこの神社一帯が桜色に染まっているのが良くわかる位だ。 実は一回も行った事がなかった。 桜の季節に一回ぐらいはと思い立ち、子供と母とヨメとで花見に。 弁当も持たず、屋…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

予想外のプレゼント orz

「キレイなお姉さんは好きですか?」というCMをやっていたのはナショナルだったと思う。 今はパナソニックか。 あれは今もやっているんだろうか? 仲間由紀恵とかがやっていた記憶があるんだが。 でっ今日のお題のヤツはコレ。 マッサージ器だ。 某共済の関係で頂いた。 といってもオイラ…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

2009年の恵方

2月3日は節分。 節分というのは、各季節ごとにあるんだが春の節分が最も重要視され行事化されている。 鬼のイメージ(笑) 2009年(平成21年)の恵方は、寅と卯の間(東北東)だそうだ。 毎年この時期は恵方を書いているんだが、愛知県方面から相当数のアクセスがある。 何故、愛知県からのアクセスが多いかというと、彼の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えべっさん

いわゆる十日戎(えびす)である。今年最初の十日戎となればこの不景気行っておかねば。 まぁとはいっても偶然近くで仕事をしたんで急遽仕事仲間と立ち寄ったというのが本音ではあるが縁起物なので。 立ち寄ったのは、岡山では有名な吉備津神社。 あの日本にお茶の風習を普及させた禅宗:日本臨済宗の開祖、栄西はこの吉備津神社の権禰宜賀陽…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

九段

オイラは、国粋主義でも原理主義でもないし右翼でもない。 もちろん、共産主義や左翼でもない。 自身の宗教は何かと問われれば、葬式仏教としての真言宗をあげるが、普段般若心経を唱える訳でもない。 正月には近くの神社へ初詣に行き、彼岸や盆には墓参りや迎え火送り火をし、独身時代はバレンタインやクリスマスに一喜一憂していたごく平均的な日本…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秋祭り2(2008年戸島神社秋季大祭)

2008年の戸島神社秋季大祭を見に行った。 岡山県倉敷市玉島乙島にある戸島神社のこの秋祭りは、乙島祭りとも呼ばれるが、正確には戸島神社秋季大祭である。 夕方、秋祭りの楽しみとして屋台を冷やかしてみようと出掛けるも殆どがまだ営業をしていなかったので、おでんと生ビールで我慢する(笑) そして、明け方から千歳楽を見物に。朝の宮入…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋祭り(2008年戸島神社秋季大祭)

岡山県倉敷市玉島乙島にある、戸島神社の秋季大祭(乙島祭り)は、岡山県の三大祭りだそうである。 今日より2008年(平成20年)の祭りは始まっているんだが、本番は夜。 その前に散歩を兼ねてウロウロしてみた。 近所のコスモス 季節はしっかりと秋である。 神無月の最後の土日。 神様は…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

吉備津彦神社

拝殿(昭和初期の建築) 本殿 元禄10年(1697年)に完成。三間社流作り 祭文殿(昭和初期の建築) 吉備津彦神社である。 このエリアにはもう一つ吉備津神社があり紛らわしい。 観光的には吉備津神社が有名で岡山最古の稲荷社であったり、犬飼木堂の銅像があったりする。 因みにウルトラマンエースで若かりし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絹掛の滝

新見市国道沿いにある絹掛けの滝である。 紅葉も綺麗だ 何故か鯉の滝登りが(笑) 滝は高さがおよそ60mで、3段になっていおり、一般に「絹掛の滝」と呼ばれているのは、最下段の高さおよそ50mの部分だそうだ。 新見市教委による説明版 因みにここ絹掛けの滝のすぐ横には洞窟があり、不動明王の祠がある。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

日本第一熊野神社

日本第一熊野神社なのである。 熊野三山から勧進したというのだが、ネーミングは”日本第一”という大胆さ。 この日本第一熊野神社は、役行者の高弟が熊野十二社権現宮として開いたとされる熊野修験(天台密教系)の五流の祖となったという。 聖武天皇から当時の児島を神領として寄進され、その後一度中絶し、承久の変の後に頼仁親王は尊瀧院に入…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

良寛修行の地

倉敷市の西の外れにある玉島には、曹洞宗の名刹「円通寺」がある。 円通寺本堂と白雲関、良寛像 公園無料休憩所からの眺め ここは、彼の良寛和尚が国仙和尚のもとで修行した地である。 元禄11年に曹洞宗の寺として開山されたこの円通寺は、山全体が同時に倉敷市営の円通寺公園となっており、特に春の桜は見事である。 公…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

戸島神社秋季例大祭(乙島祭り)2

本日も乙島祭りである。 昨日、近くで取り損ねた養父の御船と千歳楽を撮影できたのでここに載せておく。 どちらもいい感じに柄が悪い(笑) オイラは、ここのではなく、別の神社の秋祭りで青年団というヤツに入って千歳楽を引いて回り、華を貰うと担ぎ上げていた。 華は当時はまだきちんと和紙に在所と家名を墨書したものが多く、これを竹…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

戸島神社秋季例大祭(乙島祭り)1

700年の伝統だそうだ。10月最終土・日曜に行われ、日曜は午前5時境内に3合の御船、9合の千歳楽、やっこ、鬼、獅子等が集合し、神事の後、御輿を先頭に午前6時千歳楽は製作年次の古い順に担ぎあけられ乙島の町にむかって出発する。 岡山県の三大祭りと言われる(残り二つは、吉備中央町の加茂大祭と奇祭:西大寺の裸祭り)だけに千歳楽が練り歩き、…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

狛猪と藤

岡山県の東の端にある和気町。 ここには自称「日本一の藤公園」がある。 この季節のその公園は突然有料になるが、見事な藤が見られる。 なんでも全国の藤を集めてきたとかで沖縄県以外の都道府県の藤が一堂に会している。 もっともオイラはこの時期には1回しか行ったことが無く、その前のしだれ桜の方が無料で見られるのでたまに見に行ったり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

善通寺

総本山善通寺だ 我が家は真言宗(何派かは知らない)だし、せっかくここまで来たのだからと弘法大師生誕の地へ来た。 でっデカい。 因みに餓鬼が引いたおみくじは大吉だった。 加ト吉はないようだ(^_^;)
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

乙島まつり

乙島まつり(戸島神社秋季大祭)が開催されている。 (県内第3位の規模らしい・・・。一位は恐らく西大寺の裸まつりなんだが二位がわからん) 本番は明日(今日の深夜から明日の夜)だ。 今日は千歳楽が札を戸島神社へ取りいくぐらいかな。 屋台は数十軒でるし、千歳楽は乙島の各町内からでる。 岡山県内でも有数の秋祭りだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出雲大社周辺紀行

ひろしま県民の森キャンプの初日に早出をし、中国山脈を越えて、奥出雲から出雲へと足をのばした。 以前、山陰地方に住んでいたこともあり、出雲大社・日御碕あたりは何度も足を運んだところではあったが、餓鬼どもはほぼ初めてということもあり戯れ歌でも名高い「雲太」こと出雲大社へと足を運んだ。(出雲大社:http://www.izumooyashi…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more