冬キャン撤収時の結露対策にスイムタオルが便利 -妄想通販 国産セームタオルで内側の結露は拭き取る編-

水泳経験者には常識らしいがミズノからスイムタオルという名で国産セームタオルがケース付きで売られている。
このセームタオルは高吸水のポリビニルアルコールで出来ていて、普通のタオルと違って絞ると吸水性も復活する。
使用後は、水洗いしてケースに入れて再利用が出来る。

このセームタオルは車の洗車の拭き取り用やペットの拭き取り用として色々と出ているんだが、安い中華製は匂いがあったり、色移りがあるという報告が多い。
なので信頼と実績があるミズノのスイムタオルを推薦したい。
なんせ、多くのスイマーに愛用されてきた実績とケース付きという利便性が良い。

以下のような乾燥中、内側の結露をタオルで拭くことがあるが綿のタオルだとあっという間に役に立たなくなる。
DSC_0172.JPG

この時期のキャンプの最大の難敵が内側の結露。

このスイムタオルを冬キャンプでの乾燥撤収の最大の難敵であるテントやシェルターの内側の結露を拭き取るのに利用するのだ。
決して外側には使ってはイケナイ。
時々キャンプ場で早めの乾燥撤収を狙ってか、テントやシェルターの外側をタオルとかで拭いているキャンパーさんがいるがあれは良くない。
撥水剤が施されている外側を拭くとその撥水剤まで拭き取ることになるからだ。

雨撤収とか前日の夜や撤収日が雨であれば別として、基本的に撤収日が曇りもしくは晴れの場合、冬キャンプでの乾燥撤収の最大の障害は内側の結露なのでここをスイムタオルで拭き取れれば乾燥させる時間はかなり短縮できる。
その為にもこれは持っておいて損はないアイテムだね。

最も、超高級幕の一部は幕の糸そのものに防水が施されているヤツもあるからそういう幕の場合はやっても問題は無いだろうと思うが。
オイラが知っているのはノルディスクのレイサーとかのナイロン幕がそれだ。

ボディタオルサイズなら大型のシェルターやテントでもOKだし、ハンドタオルサイズならソロテント向き。
これは持って置いて本当に損は無いと思うわ。
カラー展開は9色。

MIZUNO(ミズノ) スイムタオル 高吸水 セームタオル 大サイズ(44×68cm)


MIZUNO(ミズノ) スイムタオル 高吸水 セームタオル 普通サイズ(34×44cm)


ん?
これタイムセール?

Caloics® 速乾タオル スポーツタオル 2種類セット 4枚と2枚セット選択可能 防災用品 収納袋付き マイクロファイバー バスタオル ビーチタオル 旅行タオル 色褪せない 防臭 超速乾 超吸水 超やわらか コンパクト 旅行・お風呂・スポーツに最適 10色展開


↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m
画像

↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

アレコレお得情報


アウトドアもヤフオク


















"冬キャン撤収時の結露対策にスイムタオルが便利 -妄想通販 国産セームタオルで内側の結露は拭き取る編-" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント