新型コロナ・・・いやCOVID-19ではないが -リアル通販 CORONAの新型編-

新型コロナといっても今年の流行語大賞になりそうな新型コロナウィルスこと、武漢熱、COVID-19(coronavirus disease 2019)の話ではない(笑)
石油ストーブ等を作っているCORONAさんの新型ストーブの話。
石油ストーブの団体によると灯油ストーブや石油ファンヒーターは原則として製造から8年が使用していても問題がない期間だそうで、多くのストーブやファンヒーターも製造年から1年保証でその後は製造打ち切りもあるから大体8年ぐらいの年数までで部品も無くなるようだ。

最も、共通部品も多いから実際には結構長い期間で経年劣化しそうな燃焼に関わる芯とか色々な部品は手に入るようだし、長い間そのスタイルを変えないアラジンのようなヤツだと相当古くても実際には使えるがメーカーとしてはやはりこの辺りまでが限界なんであろうと思う。

んで、今回新型コロナ・・・いやコロナさんの新型石油ストーブを買うというのには色々な事情があった。
まずはパセコ CAMP15という韓国製の石油ストーブが経年劣化なのか、元々それなりのクオリティだったのか、消火が怪しくなってきて、不完全燃焼が頭をよぎるようになった事。

しかしながら、パセコ CAMP15の同等か上回る火力の自然燃焼式の石油ストーブはかなり大きいサイズのモノしか無く、キャンプで車に積み込むには躊躇するサイズだった。

そこに今年、コロナさんからSX-E3720Yという、暖房能力が3.65~2.92kWというパセコと遜色の無い能力の反射式ストーブが発売されて気になっていたのだ。

もっとも、ナフコやコーナンなどのホームセンターやエディオン、ヤマダデンキなどの家電量販店でもこの火力は無駄にデカイと判断されるのか、現物は見ることが出来なかったので結局、楽天市場で買ったんだが。

DSC_5759 s.JPG

実際に買ってみて驚いた。
我が家の古い木造住宅で12-14畳ならこの時期で最大火力ならば25℃を超えそうな火力で、最小に絞っても暑い時がある。
しかも、消臭とかの技術は格段に進化していて、通常の着火や消火だと殆ど灯油の匂いはしない。

この手の石油ストーブのメインユーザーを意識しているのかストーブの説明板的なものがかなり大きくかっこ悪いのがちょっと難点ではあるが、鋼板に印刷されているモノ以外のシール類は自己責任で後から全部剥がした(笑)

コロナ 石油ストーブ(木造10畳/コンクリート13畳)
外形寸法:高さ510×幅452×奥行324mm
質量:8.4kg
タンク容量:4L
その他:乾電池別売 単二形/4個使用


楽天さんの方が安いね。




↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m
画像

↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

アレコレお得情報


アウトドアもヤフオク



















"新型コロナ・・・いやCOVID-19ではないが -リアル通販 CORONAの新型編-" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント