冬キャンプにはマイナス対応のシュラフが必要 -リアル&妄想通販 底冷え対策とスナグパック寝袋編-

冬キャンプは当然の事ながら寒さ対策が必要だ。良く勘違いされるのがシュラフの快適使用温度。
快適使用温度とは、この温度域レベルまでなら温かく眠れるというレベルのことで、それも服装は自宅のようにパジャマというわけではないそこそこの服装でというモノ。
限界使用温度はこれがリミットの温度。
当然の事ながら寒さについては人によって差があるし、概ね女性は表示よりも5℃プラスで選ぶ方が良いと思う。

61rpNVgS5ASL1500_.jpg

でっ最近良く目にするのが冬キャンプでシュラフの快適使用温度が-3℃位のヤツで大丈夫という記事だが、正直キャンプをしたことがあるのかと思ってしまう。
比較的暖かい西日本の平地でも冬は池や川に氷が張る事がある。
つまり、最低気温マイナスだ。

基本的にテントやシェルターという布きれ1枚で囲まれた中での就寝。
それも地面からガンガン熱を奪われる環境なのだ。

テントの下にグランドシートを敷いてインナーマットを複数敷いて更に湯たんぽも入れて・・・。
これだけの装備を詰め込むぐらいなら、-7℃~-15℃対応のシュラフを買って持っていく方がコンパクトだし、安心。

因みに寝袋というのはダウンは特にそうだが化繊も同じで、空気の層が出来る事で保温を実現している。
と言う事は身体の下側、一般的な寝相であれば背中側は、体重が掛かるのでダウンは特にだが、化繊でも潰れて空気の層があまり出来ない。
なので底冷え対策は必ず必要と思って欲しい。

このブログでも何度も書いているが、銀マット。
夏場は地熱を防ぐために銀面を地面に向けるが、冬場は身体の熱を反射させるために逆にして青い面を地面に向けて銀面は上にする。
その上にもしくはシュラフの中にタオルケットや毛布を入れてやるとかなり底冷え対策になる。

湯たんぽも有効であるが、嵩張るのが難点。
嵩張らないタイプとかはこの記事にもリンクを貼っておくが、意外と使えるのはペットボトル。
湯の温度に気をつけないとイケナイが、500mlのペットボトルとペットボトルカバーで意外と耐えられたりする。
但し、この場合のペットボトルカバーは夏場のコンビニやスーパーでお茶のペットボトルを買うとついてくるような安い薄手が良い。
ペットボトルの湯があまり熱く感じられない程度のヤツが最適だ。

そうそう、白金懐炉や豆炭あんかなどという温故知新アイテムも検討の余地はある。
UEBタイプのカイロなんていうのも最近はあるしね。

ただ、この手のアイテムは発熱するだけに使うには充分な注意と使い方を辱知しておく必要がある。
間違って発火するとかだと寝袋もテントも含めて可燃物ばかりの環境ではそのまま焼死体になるからねぇ・・・。


さて冬用寝袋でオイラがオススメするのがスナグパック。
化繊なので小さくはならないが、その代わりアレルギーとか匂いとかを気にしなくて良い。
秋冬のシーズンに対応した日本限定モデル。
足部分(底面)がフルジッパーになっており、下から足を出す事ができ、キャンプや車中泊などでも、とても便利で使いやすい寝袋。
また、フルオープンにでき、広げて布団代わりになり、干す時も手間がかからないのも良い。
マミー型と違って圧迫感が無い。

Snugpak(スナグパック) 寝袋 スリーパーエクスペディション スクエア ライトジップ 各色 冬仕様 [快適使用温度-12度] (日本正規品)
サイズ/収納時 : 直径30×長さ50cm、展開時 : 縦(長さ)220cm・横(周囲)160cm
材質/アウター生地 : ポリエステル「Aqualight」インナー生地 : ポリエステル「Supersoft」中綿: 「Isofibre」(シリコン加工ポリエステル中空繊維)
重量/2,600g
仕様/快適外気温度 : -12℃、下限外気温度-17℃、圧縮用バッグ付き
洗濯可/中綿は化学繊維のため丸洗い可能

Snugpak(スナグパック) 寝袋 スリーパーエクストリーム スクエア ライトジップ ダークグリーン [快適使用温度-7度] (日本正規品)
サイズ/収納時 : 直径26×長さ46cm、展開時 : 縦(長さ)220cm・横(周囲)160cm
材質/アウター生地 : ポリエステル「Aqualight」インナー生地 : ポリエステル「Supersoft」中綿: 「Isofibre」(シリコン加工ポリエステル中空繊維)
重量/2,100g
仕様/快適外気温度 : -7℃、下限外気温度-12℃、圧縮用バッグ付き
洗濯可/中綿は化学繊維のため丸洗い可能


イスカのこの化繊のマミーシュラフも良いね。
イスカ(ISUKA) アルファライト1300EX インディゴ [最低使用温度-20度]
表地:ポリエステル100%
裏地:ポリエステル100%
中わた量:1300g(Micro Lite ポリエステル100%)
構造:瓦ぶき構造
平均重量:2090g
シーズン:ウィンターモデル
サイズ:84(肩幅)×211(全長)cm



仕舞い寸法が小さくなるダウンの寝袋は最近特に中華製のメーカーからも出ているが、安心出来るのはやはりそれなりのブランドのヤツ。
個人的にはモンベル、イスカ、ナンガ、コールマン辺りをオススメする。
もっとも、モンベルさんはこの時期に買おうと思ってもなかなかモノが無いと思うけれど。


【日本国内生産品】Nanga(ナンガ) オリジナルシュラフ ダウンバッグ 600STD WIN レギュラー
生地 40dnナイロンタフタ 内部構造 シングルキルト構造 フィルパワー ホワイトダックダウン80-20% (650FP) ダウン量 600g サイズ レギュラー カラー ワイン(WIN)  収納サイズ φ21×28cm 付属品 ショルダーウォーマー 総重量 1,250g 下限温度 -6℃


ナンガ ニッチオリジナル ダウンバッグ ロング 450STD-NE19 [450STD-NE19-L] (KHAxWIN カーキXワイン)
(サイズ)ロング / 最大長228cm×最大肩幅85cm(身長185cmまで)
(フィルパワー)ホワイトダックダウン80-20% (650FP) (ダウン量)470g
(快適使用温度/下限温度)-4℃ / -8℃


【Coleman コールマン】★大人用寝袋(マミー型) 緑 -18度まで対応
適温レベル:-18度~
2wayジッパー採用 収納袋付き
サイズ:約208cm x 81cm


モンベル(mont-bell)寝袋 ダウンハガー800#1オレンジ(OG) R/ZIP
【素材】表地:10デニール・バリスティック エアライト ナイロン[撥水加工]裏地:10デニール・バリスティック エアライト ナイロン[帯電防止加工]
【重量】918g(946g) ※( )内はスタッフバッグを含む総重量です。【カラー】オレンジ(OG)【収納サイズ】∅17×34cm(6.8L)
【機能】R(右)ジッパー(ジッパー長170cm) ※ジッパースライダーには生地の噛み込みを軽減するパーツを取り付けています。  ジョイント可能モデルとジョイントできます。 スーパースパイラルストレッチ システム
【コンフォート温度】-3℃ 【リミット温度】-9℃ 【エクストリーム温度】-28℃
【適応身長】183cmまで【付属品】ストリージバッグ


PVC素材で柔らかいので嵩張らない湯たんぽ。
この容量ならば確実に朝まで暖かい。
TONGMO 湯たんぽ かわいいカバー付き 容量 1.8L


こちらは2個セット。メーカー保証が2年あるのも安心だ。
CAVN 湯たんぽ 袋付き 2個セット 2L お湯入れタイプ やわらか湯たんぽ 疲労緩和 肩足腹対応 メーカー保証2年付 (ブルー+ピンク)


いやいや、直火でも湯を作れるタイプで昔ながらのトタン製の湯たんぽがというのであればこれ。

マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付


この手の湯たんぽも進化していて漏斗が要らないのに直火で温められるヤツがある。

マルカ 湯たんぽ 銀色 2.2L じょうごの要らない湯たんぽ 袋付 (本体:日本製) 燦々



この手の白金懐炉やジッポーのオイル式ハンディウォーマーで大体キャンプ2杯で一日暖かい。
但し、低温火傷には注意がいる。

ハクキンカイロ ハクキンウォーマー スタンダード エビスベンジン セット


ジッポーのハンディーウォーマーにはゆるキャン△フリースカイロケースというのが出ているのか!
これはあるいみ秘境だな(笑)

ZIPPO(ジッポー) ハンディウォーマー&オイルセット


ゆるキャン△ フリースカイロケース B柄 なでしこ


ゆるキャン△ フリースカイロケース A柄 カリブ




豆炭あんかは昭和時代の安い綿布団や掘り炬燵では定番の熱源。
一酸化炭素などの問題も正しく使えば全く問題無し。

ミツウロコ 豆炭アンカ
有害な石綿は一切使用してません
安心のメーカ 練炭と豆炭の製造メーカー ミツウロコ
簡単に熱の調節が出来ます
1つ5円程度の豆炭で長時間 豆炭1つで暖まる出来ます
省エネにぴったり 非常時には2つ以上コタツに入れる事により簡易コタツとなります


十全あんか
就寝2時間ぐらい前に布団に入れるのが最適です。
岩綿を多く詰めるほどあんかの温度が下がります。
あんかの岩綿は使用していると消耗します。定期的な交換をお願いいたします。
使用用途以外の使用禁止
やけど注意


ミツウロコ スーパーマメタン! マッチで簡単に火がつきます (豆炭一袋30粒入り)


最後の最後で申し訳無いが、この記事を読んで自分の持っている寝袋が気温0℃とか-3℃までのシェラフだったキャンパーさん、夏用に封筒型シュラフを持っていてその冬用と考えて買ったシュラフがマミーシュラフなら重ね着スタイルでしのぐ事が出来るかもね。
もちろん、いきなり現地では無くて自宅で試してみてから実戦投入して欲しい。

オイラも十数年前に夏用の封筒型シュラフ(ホームセンター購入品)とマミーシュラフ(ナチュラム購入であったがマイナス対応無し)を重ねて使って凌いだ事がある。


↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m
画像

↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

アレコレお得情報


アウトドアもヤフオク


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント