ポータブル ブルートゥース スピーカー ラジオ機能付 -妄想通販 ラジオとモバイルスピーカー買い換え編-

Bluetooth Speaker付きAM/FMラジオで電池かバッテリー内蔵のタイプを探している。
以前にも記事にしたがオイラが使っているBluetooth スピーカーはANKERの初代タイプでそろそろ内蔵バッテリーも怪しい。
加えて、ラジオがSONY製なんだがサイズで選んでしまったので感度はそれなりにあるのだが、単4電池2本という仕様で電池が割と早く無くなるのが欠点。

以前なら、単4や単3の電池はキャンプで持ち歩いていたんだが気が付けば、手持ちの機器は電池では無くてUSB充電式になっていて、いざ電池切れとなると買いに行くことになる状況。

モバイルバッテリやポータブル電源を常備するキャンプになっているのでここも電池では無くてUSB充電式にしたい。
となれば、両方を兼ねるアイテムとしてラジオ機能もあるブルートゥーススピーカーでしかも充電式が欲しいとなって探している。

何故、今の時代にラジオと言われれば答えは幾つかある。

まず、スマホとかと違いラジオはつけていれば情報が流れてきて、画面を注視する事は必要無い。
なのでながらで情報が手に入る。

そして現段階では確実にスマホよりも電波が入るエリアが広いからキャンプ場で聞くことが出来ない事はほぼない。
逆にスマホは、キャンプ場や野営場では電波が入らないケースが田舎ではままある。

次ぎにこれは意外と重要なんだが。

ラジオは雷雲が近いと雑音が入る。
それに地元局を聞いていれば気象変化などの情報も注意しなくとも耳に入る。
これは他の媒体では無理なのである。

視覚的に注視しないとイケナイ、スマホやテレビ、ネットとは違いながらで情報が手に入る違いは大きく、今の若い世代は知らないかもしれないがこれは実に重要であると思う。
もちろん、地震や台風など自然災害の時の情報収集手段としても最適なんである。

818D4GLJTPLL1500_.jpg

まず気になったのはあのサンスイブランドのBluetoothスピーカー AM/FMラジオ付き
レトロ感もあるし、手のひらサイズよりは大きめらしいがなんと言ってもあのサンスイだしね。

Bluetoothスピーカー AM/FMラジオ付き
実行出力(RMS/THD10%):5W
USBメモリー:VER2.0 最大32GB FAT32 最大ファイル数999、最大フォルダー数99
microSDカード:使用可能最大 SDHC 32GB FAT32 最大ファイル数999、最大フォルダー数99
Bluetooth:Ver4.2+EDR Class2 プロファイルA2DP AVRCP (SCMS-T 非対応)
チューナー:FM:76 - 108MHz AM:520 - 1620kHz
スピーカー:57mm フルレンジ + パッシブラジエーター付
再生音源:USB/microSD部(MP3)
外部入力端子:ミニプラグ(AUX) 1系統




こっちもレトロ感のあるタイプ。

BESROY 最新版 ワイドFM対応 FMラジオ AMラジオ 短波ラジオ スリープタイマー アラーム機能 Bluetoothスピーカー機能 AUX機能付
2000mAhのバッテリーが内蔵し、1度の充電で60時間の音楽連続再生が可能


こちらはなんと、ステレオ仕様でブルートゥース スピーカーにFMラジオ AMラジオもあって充電式だ。
見た目はいかにも中華製だけど。

【PSE認証済】Gemean J-288 ポータブル ラジオ ワイド fm am ステレオ 携帯ラジオ bluetooth スピーカー ステレオサウンド
充電時間: 3-5 時間 再生時間: 8-10 時間 (30% 音量)


むぅ・・・・。
どうするかな?
AM放送の補完機能で注目のワイドFMならもっと選択肢は拡がるけれど・・・。


↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m
画像

↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

アレコレお得情報


アウトドアもヤフオク


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント