小さい圧力鍋がキャンプに良さそう -妄想通販 時短料理アウトドア編-

小さい圧力鍋がキャンプに良さそうだ。
HAWKIN Classic CL15 1.5-Liter などは1.5Lというソロキャンプやデュオキャンプサイズの圧力鍋。
圧力鍋があれば、煮込み料理は1/3の時間で完成するし、高所でもきっちりと気圧を無視して使える。
そして、何よりも味が良く染みるし、時短になるので遊んだり呑んだりに時間が取れる。
もちろん、設営にも。

自宅でも重宝していて、キャンプでも何度も使ったんだが、ソロキャンプが増えている今は、流石に家庭で使っている大きな圧力鍋は持ち出し難いというか、大きすぎるので買い増しを検討している。

仮にキャンプ場で作る訳でなくて、事前に仕込んで持って行くにしても、圧力鍋は密閉出来るのでこれまた漏れること無く現地まで確実に液体のおかずや主食が持って行けるので便利でもあるし。
実際、家族用の大鍋でシチューや豚汁を作って零れないという理由で圧力鍋に詰め替えたこともあったしね(笑)

61OC000_.jpg

クラシックな見た目もインスタ映えしそうで良いね。
アメリカではこのクラシックな圧力鍋が人気らしい。

HAWKIN Classic CL15 1.5-Liter


1.5lだと約2合の炊飯が可能。
カレーやシチューの煮物で2-3人前までかな。
3Lだとその倍になるし、2Lだと3人前まで。

圧力鍋の利点は圧力を掛けるので時短料理になるので、当然ながら燃料消費も減る。
1/3と言われるので、燃料消費もその程度に収まるはず。
ガスにしろ、ケロシン(灯油)にしろ、ガソリンにしろ、1/3の消費量で煮込み料理が作れるのは有り難い。

でっその他の該当する圧力鍋はこれ。

これ、確実にインスタ映えするね。
ホーキンスF05フューチュラ硬質アルマイト圧力鍋 - 2リットル


我らが鹿番長こと、キャプスタの3L(4合)のしかも軽いアルミ製はこれ。
値段も安いしね。

パール金属 ホットクッキング アルミ IH対応 圧力 鍋 3.0L 4合炊


圧力が強いのはこっちか。
パール金属 片手 圧力鍋 2.5L IH対応 ステンレス 圧力切替式
サイズ(約):全長385×幅210×高さ160mm
本体重量(約):1.6kg
材質:本体・ふた/ステンレス鋼、取っ手/フェノール樹脂(耐熱温度150度)
原産国:中国
底の厚さ:1.2mm
満水容量:2.5L
寸法:18cm
作動圧力:高圧100kPa、低圧60kPa


定番のティファールは10年保証と蒸し料理が出来るのがウレシイ。
ティファール 圧力鍋 3L IH対応 1~3人用 片手鍋 セキュア ネオ 10年保証


これも激しく気になるね。

北陸アルミニウム リブロン 圧力鍋 2.8L アルミニウム合金
本体サイズ:内径×高さ(mm)190×109
本体重量(kg):1.72
材質:アルミニウム
生産国:日本製
容量(L)2.8
白米炊飯量約4合
付属品:黒色オモリ×1ヶ、赤色オモリ×1ヶ、目皿×1枚、掃除棒×1本、ヘルシークッキングレシピ×1冊




↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m
画像

↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

アレコレお得情報


アウトドアもヤフオク



















この記事へのコメント