たまにはまったりソロキャンを満喫! -北房もみじ公園編-

入梅後の晴れ間に岡山県真庭市の北房もみじ公園キャンプ場にソロでキャンプに行って来た。
ソロのオヤジ達とのグルキャンもそれはそれで楽しいのだが、そればっかりじゃツマラナイというのか、それって宴会キャンパーだと揶揄する人もいるようで、まぁ言われてみればそう言われても仕方が無い気もする。

なのでという訳でもないのだが、自分だけの時間、タイミングでキャンプをする贅沢を味わうために時々、グループではなく、ソロキャンプに出掛ける。

とは言え、完ソロと言われる全く周囲に誰もいない状況でキャンプをするのはちょっと嫌というビビリでもあるので、他のキャンパーさんもいるだろう、キャンプ場でのキャンプなんだが。

今回は直前の予報が雨だったせいでキャンセルが結構出てるとの情報を管理人さんから得ていたので、前日予約で北房もみじ公園キャンプ場へ。
北房ICを降りて、山陽マルナカで食材仕入れて、最短イン時間の11時を目指して行ったら10時40分ぐらいに着いてしまったんで、管理人さんと談笑して時間を潰してからの設営。

DSC_1160 s.JPG

幕はそろそろ限界に来ているマウンテンハードウェアのテントのインナーに遮光性では最強クラスの変形ヘキサタープバッドウィング500という夏場仕様。

DSC_1159 s.JPG

設営時間は30分足らず(笑)
タープの下はこんな感じ。

DSC_1167 s.JPG

DSC_1168 s.JPG

設営完了をして、まずは発泡酒で喉を潤したら、読書をしながらツマミを作る。
イワタニの炉ばた大将に極厚鉄板をセットして、焼売を焼く。

DSC_1174 s.JPG

DSC_1171 s.JPG

現行機種はこれね。
イワタニ 炉ばた焼器 炙りや


イワタニ 炉ばた大将 炙家(あぶりや) 対応 グリルプレート 板厚4.5mm


夜の大人のお楽しみである焚き火の準備もしておく。
なんせ、酔っ払うと何もかもが面倒になるからね(笑)

DSC_1173 s.JPG

今回の焚き火台は、笑'sのA-4君。
薪を小さくするのは面倒だったから(爆)

[セット品]笑's・焚き火グリル3点セット(A-4君、黒皮鉄板プレート、ロストル)


ランタンは灯油ランタンとガスランタンを準備。
DSC_1169 s.JPG

DSC_1175 s.JPG

FeuerHandLantern [ フュアーハンドランタン ] フュアーハンド ランプ ハリケーン ランタン


プリムスの中型、大型ランタンって無くなったんだねぇ・・・。
amazonさんでも相当な高値だわ・・・。

でっ夜もイワタニの炉ばた大将で焼き物。
DSC_1178 s.JPG

夕暮れ、暮れ泥む空を眺めながらラジオを聞いたりして過ごす。
因みにラジオだと人の声がするので熊除けにもなるが、それ以上に役に立つのは雑音の入り方で近くに雷雲があるかどうかが判る点だ。
自然の中でしかも大気が不安定な時期にキャンプをする場合にはこういうアナログ的手段が一番大事だと思う。

DSC_1179 s.JPG

DSC_1181_01 s.JPG

もちろん、焚き火もしながらウィスキーのロックを呷る。
DSC_1182 s.JPG

氷はコンビニやスーパーのロックアイス1kgを2Lのステンレス真空ボトルに詰め込んでくれば、2泊3日でも溶けきらない。
ロックグラスはサーモス 真空断熱カップだ。

Thermos サーモス ステンレスキング 2L 大容量 保温・保冷 飲料ボトル


象印 ( ZOJIRUSHI ) 水筒 ステンレスボトル タフ 2.0L ステンレス


サーモス 真空断熱カップ 400ml トマト


サーモス 真空断熱カップ ステンレス 280ml


パナソニック ラジオ FM/AM/ワイドFM対応 シルバー


SONY FM/AMハンディーポータブルラジオ


YOREK AM/FM/SW ワイドFM対応ポータブルラジオ 高感度受信クロックラジオ 電池式ラジオ


翌朝。
サイトには小さな訪問者があった。
久し振りに夏休みな気分になった。
DSC_1186 s.JPG

また、今度どこかでソロキャンプをして充電しよう。
こういう時間は大人になるほど重要だと思う。


↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m
画像

↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

アレコレお得情報


アウトドアもヤフオク



















この記事へのコメント

tanpopotabete
2019年07月20日 20:05
この日はおじさんたちが(女性もいたな)それぞれの場所で
ソロしていたね。
グルキャンも楽しいけれど、ソロが出来るっていうスタンス
が見えた楽しい日でした。
Ryoma
2019年07月21日 18:31
>tanpopotabete氏
そうそう、この日は仲間達があっちこっちでそれぞれソロキャンプを謳歌していたね。
独りの自由な時間てなかなか持てないから、こういうソロキャンプは大事名だなぁと改めて感じたわ。
この日は、大作の小説を持ち込んでがっつり読み、ラジオ聞きながらノンビリと焚き火しながら呑んだ。
命の洗濯だよね、ソロキャンプ。