地図から消された島 広島県三原市大久野島 2019ゴールデンウィーク編

広島県はかつて広島市に広島大本営が置かれ、呉市にはあの戦艦大和を輩出した呉海軍工廠があった。
広島大本営は、日清戦争時に広島城内に設置され、明治天皇陛下が指揮の為に実際に滞在なさり、臨時の帝国議会も広島で開催されたというから一時的とは言え、広島が首都と呼んでよい時期があった訳だ。
その後は、中国軍管区司令部が大東亜戦争終了まであった。

呉海軍工廠と軍港、鎮守府があった呉市は、今は海上自衛隊の基地であり、潜水艦の拠点である。
また、江田島には海軍兵学校の建物をそのまま利用している部分もある海上自衛隊の学校がある。

広島市はご存じの通り、米軍の戦争犯罪で人体実験であった原爆が投下され壊滅状態になった。
呉市はこれも米軍の戦争犯罪である一般市民も標的とした大規模な空襲があったことは、世界の片隅でという漫画やアニメ、実写ドラマでかなり知られたと思う。

オイラはどちらも強い意志を持って何度か訪ねている。

そして今回、初めて地図から消された島である、三原市の大久野島を訪ねた。
この大久野島は、大日本帝国が毒ガス製造のためにのどかな島に暮らす島民を強制的に転出させて、設備を作り、実際に毒ガス製造を行った島である。

画像


その存在を隠すため、地図から消されたのだ。

戦後、GHQにより設備や製造された毒ガスは廃棄され、その後爆弾処理などに使われた後、国民休暇村ができ、この島の学校から逃げ出した数羽のウサギが大繁殖をして、現在は700-800羽ものウサギが居ることで有名になった。

そんな大久野島はインスタ映えとかでSNSで有名になり、数年前からゴールデンウィークは大渋滞となる。
今年(令和元年2019年)は10連休でその後半最後あたりで奥多摩とふたり旅をしてみた。

忠海港から大久野島は船で約15分。
忠海港は本数も多いので何とかなるかと、9:40の便を目指して向かった。
朝は、七時台からの便もあるんだが、自宅からその時間向かうのは、奥多摩の機嫌が激しく悪くなりそうなので無難だけど、早めの時間で行ったんだが、それでも既に第1と第2駐車場は既に満車で臨時駐車場に回された。

駐車場が何処になるかは、切符売り場前の警備員さんの指示を聞かないと分からない仕組みになっている。
なので、ここで奥多摩に車を降りて貰い、切符を買って行列に並んで貰う作戦にした。

画像


二人で駐車場へ行くメリットは何も無いからね。

案の上の行列で予定していた便は無理だろうけど、次便なら何とかなるかという作戦。
でもこの大行列には萎えるわ。
画像


一時間待ちとなったので交代で、土産物屋さんの物色と、コンビニエンスストアへの買い出しをする。
(セブンイレブンとファミリーマートがある)

オイラにしては珍しく行列を我慢してフェリーで大久野島へ。
画像


奥多摩は、自宅でもウサギを飼っているのにウサギメイン(笑)
画像


画像


恐らくだが、ゴールデンウィーク中はウサギより観光客の方が多いだろう。

オイラはこの島の戦争遺跡を辿る。
明らかに大日本帝国の軍隊の負の部分であるが、これにも目を逸らしてはならない。

毒ガス資料館
画像

ここでは、地下鉄サリン事件まで年表に書いてあり、負の歴史がしっかりと書かれていた。

幹部将校用の防空壕跡や発電所跡、交換機室跡に大久野島神社。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


全ての戦争遺産は朽ち果て始めていて、その禍々しい本来の目的とは違う美しさを見せ始めているが、ここで起きた事実、そしてその結果起こった事実は忘れてはならない。

今は美しい瀬戸内の海を見せるこの旧桟橋もかつては毒ガスとそれを製造する為の人や物資を運んだのである。
画像


因みにオイラは、ヒロシマとかナガサキとかフクシマとカタカナで表記したり、必要も無いのにローマ字表記を日本語に混ぜる連中は大嫌いだ。
地名には意味があるし、カタカナ表記された瞬間にそれが記号になり、変な活動に使われるのが大嫌いなのである。

広島と長崎の原爆投下は米軍の戦争犯罪で明らかに人体実験。
(なんせ、わざわざ2種類の原子力爆弾を作って投下しているからね)

多くの空襲は、一般市民をターゲットにし、日本家屋の木造である事を執拗に実験して行った条約違反の大量虐殺。

日本が悪い事は何もしていないとは言わないが、窮鼠猫を噛むとなったのは米国に責任があるとオイラは思っている。


この世界の片隅に [DVD]


この世界の片隅に Blu-ray BOX


毒ガスの島


地図から消された島―大久野島毒ガス工場

ぼくは満員電車で原爆を浴びた: 11歳の少年が生きぬいたヒロシマ


小説・吉田拓郎 いつも見ていた広島 (小学館文庫)


ぼくは毒ガスの村で生まれた。―あなたが戦争の落とし物に出あったら


大怪獣シリーズ ウルトラマン編 毒ガス怪獣 ケムラー



↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m
画像

↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

アレコレお得情報


アウトドアもヤフオク



















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

XRT
2019年05月16日 07:16
小生は先日、周南市大津島の回天記念館を伺いました。
おそらくご存知でしょうが、漫画「特攻の島」の舞台です。
改めていろいろ考えさせられました。

大東亜戦争末期、米軍は日本人というだけで無差別に殺しまくってます。民間人だけでも数十万人死んでます。悪魔のような米軍と戦ってた当時の日本人には毒ガスくらい必要だったんでしょう。原爆に比べればかわいいもんじゃないですか。
Ryoma
2019年05月16日 08:22
>XRTさん
コメント有難うございます。
周南市大津島の回天記念館は未訪問ですが、伺いたいところです。
大東亜戦争。
そうなんです、あの大戦は大東亜戦争ですよね。

この記事へのトラックバック