書寫山圓教寺 -天台宗 西の比叡山- トムクルーズのラストサムライロケ地。

書寫山圓教寺と言えば、あのトムクルーズや渡辺謙、真田広之などの出演でヒットした映画ラストサムライや大河ドラマ軍師官兵衛と武蔵-MUSASHI-、邦画では駆け込み女と駆け出し男、天地明察、源氏物語 千年の謎などのロケ地としても有名な天台宗の古刹である。

以前から行ってみたいと思っていたんだがなかなかタイミングが合わず、明石城や明石海峡大橋、刀田山鶴林寺に行った後のラストで立ち寄ってみた。

明石城築城400周年と孫文ゆかりの明石海峡大橋そばの舞子公園。

国宝がある刀田山鶴林寺 -聖徳太子創立&加古川市の天台宗寺院-

この書寫山圓教寺に行くにはロープウェイを利用する事になる。
往復900円(2019年1月時点)と入山料が500円。
画像


画像


結構な金額が掛かるねぇと思いつつも、あのラストサムライで見た食堂周辺の雰囲気をどうしても見たくて冬の夕暮れに近い時間に訪問。

ロープウェイ山頂駅から少し歩いて、受付で入山料を払ってからこの山門を目指す。
画像


まぁこの辺りは序の口でここから長い上りの山道を歩くことになるのでハイキング程度の服装と靴は必要。
画像


時間的に本堂よりも食堂の方が早く閉まるらしいので一気に食堂を目指すが、これが結構遠い。
山門から30-40分程度は掛かるのではないか?

山の中の広大な敷地にある食堂は黒光りしていてよくもこんな山の中にこれ程の建物が建立されたものだと驚く。
ここも含めて圓教寺は豊臣秀吉の軍に占拠されて以降、往時ほどでは無くなったと言われているがそれでもこの迫力!
京都の有名寺院と全く遜色がない。
画像


画像


画像


画像


食堂からすぐに奥の院がある。
画像


画像


本堂は、京都の清水寺と同じ清水造り。
画像


不便な山奥であったお陰か、明治期の廃仏毀釈の影響をそれ程受けていないようで、神仏習合の雰囲気を色濃く残しているようにも感じた。

画像


画像


画像


画像


時間的に余裕が無かったので駆け足での参拝となったのが惜しかった。
じっくりと時間を掛けて参拝し直したいと強く思った。

因みにどうしてもロープウェイは使いたくないのであれば徒歩で登る事も出来るらしい。
オイラはパスだが(笑)

画像


書寫山圓教寺 -公式サイト-

ラスト サムライ [Blu-ray]


軍師官兵衛 完全版 第壱集 [Blu-ray]
岡田准一 (出演), 中谷美紀 (出演)


駆込み女と駆出し男 [DVD]
大泉洋 (出演), 戸田恵梨香 (出演),


昭和の圓教寺―大樹承算復興への挑戦


~信長・秀吉・家康の時代を生き抜いた~軍師官兵衛戦跡地図本【訪ねて巡る観光地満載】


↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m
画像

↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

アレコレお得情報


アウトドアもヤフオク


















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック