平成最後の戸島神社秋季例大祭(乙島祭り・秋祭り)

戸島神社秋季例大祭は、例年10月最終の土・日曜日に行われる秋祭りで約700年の歴史があり、平成4年(1992年)に倉敷市重要無形民俗文化財に指定されている。
倉敷市玉島地区では他にも羽黒神社や柏島神社、富地区などなど多くの地域の鎮守で千歳楽が出る秋祭りが催されるがこの戸島神社秋季例大祭が最後を飾る。

日曜日の早朝4時から大場物と呼ばれる千歳楽・お船・だんじりの山車が170段ある戸島神社の石段を登り始める。
この写真の場所が石段の中段にあたる。
画像
戸島神社


画像


画像


画像


画像


大場物は山車から千歳楽が上がっていき、境内で奉納される。
サシと呼ばれる千歳楽を大きく天に差し上げる姿は雄壮である。
画像


お船3基が最後に上がってくる。
画像


画像


画像


お船3基(養父、城岡ノ辻、泉谷)が揃ってねる「三艘船」が始まる。
画像

そう、戸島であり、乙島という地名が指し示す通り、海の祭りであり、干拓地であるこの地域の農の豊醸祭でもあるのだ。

続いて、3芸能(泉谷の奴(投げ奴)、畑の獅子(獅子舞)、城・岡之辻の鬼(棒術))が奉納される。
写真は、城・岡之辻の鬼(棒術)で樫木の棒を激しく打ち鳴らす赤鬼と青鬼の舞いである。
画像


画像


最後に畑の獅子(獅子舞)が奉納され、いよいよ祭りが始まる。
画像


この後、神輿に御霊移しが行われると、宮下りとして神輿、大場物が町内を練り回り、午後6時に再び境内に戻り、御霊移しを行い、全ての大場物が境内に集まると、ふたたび「三艘船」が行われ、奴・鬼・獅子舞が奉納され祭りは終わる。
こうして、この地域の神々も奉納を受け、出雲へ旅立って行く。
そう、月替わりで神無月となる訳だ。
画像


門前には多くの屋台も出るので近隣の子供達が小遣い銭を握りしめて集まってくるのも風物詩のひとつである。

画像


こうした日本の秋の風物詩は残していきたいものであると切に思った。
10月最終の土日は、オイラにとっては戸島神社秋季例大祭だな。
ハロウィーンじゃないわ。


◆戸島神社
住所:倉敷市玉島乙島1151


燦然 純米雄町 生原酒 限定 1.8L 1本


岡山 玉島銘菓 熊田様 (和風ブッセ) 25個入り


岡山県産木村式自然栽培米朝日「発芽玄米ごはん」30パック


ローズオニールキューピー人形 キューピー歳時記フィギュアセット10月「秋祭り」お神輿 Rose O'Neill Kewpie


燦然 木村式奇跡のお酒 純米吟醸 雄町 720ml【菊池酒造/岡山】





↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m
画像

↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

アレコレお得情報


アウトドアもヤフオク


















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック