善通寺市~高知県須崎市~佐川町編 オヤジ二人でぶらり冬キャンNo1

1月の事だが、オズヲさんと二人でオヤジ冬キャンに行ってきた。カズヲさんは初めての仁淀ブルー体験でオイラは今年初めての仁淀ブルーキャンプ。
目的地は池川ふれあい公園オートキャンプ場。
今回は、金曜日の朝から出発してまずは朝ご飯に香川県善通寺市の老舗製麺所であるさぬき手打ちうどん宮川製麺所で朝うどん。

No1 同行二人香川うどん遍路

画像


画像


大釜にたっぷりのイリコの入った熱々の出汁を掛けてふっくらとしたアゲを載せて頂く。
オイラは3-4回目の訪問でカズヲさんは初めて。

画像
宮川製麺所きつねうどん


しっかりと腹拵えをしてから、善通寺なのであの携帯行動食、堅パンを買いに善通寺門前町の熊岡さんへ。
画像


画像


ここから、高速道に乗って一路、高知県を目指す。
今回は、一旦須崎方面まで行ってから、以前から気になっている佐川町で観光をしてから目的地の仁淀川町池川の池川ふれあい公園オートキャンプ場に行く予定。

画像


オフシーズンの平日昼前なので四国最大級の道の駅須崎も閑散とした感じ。
特に何も買わずに、トイレ休憩のみで佐川町を目指す。

ここ佐川町は、坂本龍馬の海援隊隊士でもあった明治の元勲、田中光顕の出身地。
SNSでお世話になっている松岡司先生のゆかりの地でもある。
そうそう、日本の植物学の祖である牧野富太郎博士のゆかりの地でもあるね。

事前にある程度は調べていたんだが、現地に来てビックリ!
小さな町並みだがとても良い雰囲気で趣のある所だ。

画像


さかわ観光協会の入っている旧浜口家住宅で情報収集し、昼ご飯を食べるところも決定した。
この旧浜口家住宅も良い感じだ。
画像


画像


画像


画像


でっさかわ観光協会の方に教えて頂いた、食事処へ移動。
地場産センターの2階にある梅花黄蓮さん。
地元産の食材を使った素朴なランチだが、安くて旨い。
画像


画像


画像


この地場産センターの2階には佐川町の模型作家、栗田眞二さん作成の町並み模型が展示されている。
これが驚くスケール感で実に凄い。
これをじっくりと見るだけで、小一時間は掛かる。
画像


画像


画像


旧青山文庫も軽く見学。
旧青山文庫は、現在「佐川文庫庫舎」と呼ぶらしい。
画像


こちらは旧青山文庫の模型。
画像


画像


江戸時代の佐川の様子を知る貴重な手がかりとなる、領主深尾家に関する資料などが多数展示されている青山文庫。
ここも時間が無くて見学ならず・・・。
画像


画像


あの司牡丹の酒蔵もあるし、これはもっと時間を取ってゆっくりと来たいね。
出来れば桜の頃にもう一度来たい。

画像



さかわ観光協会

というわけで、キャンプ地に辿り着いていないまま続くとなる(笑)

エリッゼ(ELLISSE)鍛造ペグ エリッゼステーク 28cm カチオン電着塗装 8本セット


エリッゼ(ELLISSE)ロッジ型STスクリーンテント 
幅320cm×奥行320cm×高さ230cm



司牡丹 船中八策 超辛口純米酒


維新風雲回顧録---最後の志士が語る


牧野富太郎: 植物博士の人生図鑑




↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m
画像

↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村


アレコレお得情報


アウトドアもヤフオク























四国 (楽楽)
ジェイティビィパブリッシング

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 四国 (楽楽) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 歴町さかわの春 -オヤジふたり旅No1 高知県高岡郡佐川町編-

    Excerpt: 高知県高岡郡佐川町へは今年の1月にカズヲさんと立ち寄ってとても気に入った場所。 小さな街だが、牧野富太郎氏や内務卿であり明治天皇の信認が厚かった田中光顕氏の出身地であり、司牡丹の本拠地で歴史がぎゅっ.. Weblog: Ryoma's Bar racked: 2018-04-02 18:34
  • ミラーレス1眼レフカメラとポケモンGO -とある夫婦の趣味の一致点-

    Excerpt: 下手の横好きレベルではあるが、このミラーレス1眼レフでの写真撮影を趣味としている。 キャンプでも気軽に持って行けるサイズと極端に純正レンズが豊富ではないという理由でニコンのJ5という絶滅危惧種のミラ.. Weblog: Ryoma's Bar racked: 2019-01-05 19:01