戦後70年の安倍談話

戦後70年の安倍談話が発表された。
詳細は以下の通りだ。




戦後70年の安倍談話

画像



アジアのごく一部の国が求めていた謝罪は一応盛り込まれた。
だが、これで最後だという意思が感じられる。

当然であろう、謝れ、金を出せといつまで言われないとイケないのかと思う。
条約で解決もしている上にだいたい、中華人民共和国とは戦争していない。
当事者は現在の台湾だ。
大韓民国や朝鮮人民共和国に至っては当時大日本帝国であり、一緒に敗戦した訳で全くこれらの国々だけが戦勝国でもないのに自国民の政治への不満をそらす為にしつこく言い続けているだけだ。

という記事を書けば、またRyomaは右翼的な思想でとか、このブログに変なコメントを入れてくる人がいるかもしれないんだが(笑)

70年前、ポツダム宣言を受け入れてすべてを失い、GHQによる統治を受けて、徹底的に戦前の日本は悪かったとマインドコントロールされてきた。

大東亜戦争に負けただけで、それ以前に国際法に準拠して合法に手に入れた領土を失い、違法に北方領土を奪われたままになり、竹島も占領されたままの日本。

この国はいつまで大東亜戦争の失敗を謝罪しないといけないのかと。
未来志向の談話は取り巻く情勢の中でギリギリの妥協であったと思う。

但し、以後謝罪はしないという事だ。

未来に向かってお互い法の秩序の中で歩もうではないかという事だと思う。
安倍晋三首相は、未来に向けて過去に区切りをつけて頂いたとオイラは思う。

後は、安全保障関連法案を成立させ、憲法改正をやって頂きたい。

憲法改正はまず「緊急事態条項」を盛り込むことでやって頂きたい。
この緊急事態条項については今回は詳しくは触れない。


オイラは不思議に思うのが、多くの大人が、こうしたことにほぼ無関心でメディアが垂れ流す情報だけみて雰囲気で判断している事。

戦前、朝日新聞や毎日新聞がこのパターンで支那事変から大東亜戦争へ突き進む世論を作った。
右の話も左の話も見聞きして、新聞やテレビ以外の書籍なども読んで考えるべきだと思う。

この国の未来について真剣に考えておかなければ、子供や孫の世代の未来は明るくならないと思うんだが。
我が子さえ良ければと思うかもしれないが、それは国が国としてまともでなければダメである事を知るべきだと思う。

中華人民共和国が自治区と称する植民地や北朝鮮の実態をちゃんと知り、この国がどう世界の中で立ち振る舞うべきか考えて欲しい。


国連を一方的に信奉する方々、あれは第二次世界大戦の戦勝国、つまり連合軍の組織であり、本来、入ることの出来ない中華人民共和国が台湾の代わりに冷戦構造の中でアメリカの意志で入った事、日本は未だ国連憲章で明確に敵国条項に規定されている事を知っているのだろうか?


明日は、昭和天皇の玉音放送のあった日。

この国の事を少しゆっくり考えてみられては如何だろうか?


憲法の常識 常識の憲法


日本のいちばん長い日(決定版) 運命の八月十五日


賊軍の昭和史


女子の集まる憲法おしゃべりカフェ


憲法と日本の再生





↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m
画像

↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村


アレコレお得情報


アウトドアもヤフオク





















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック