少年法とは?

また、ひとつ不幸な事件が起きて、加害者のリーダー格は18歳と報道されている。
過去にも成人で無いという理由で或いは更正が期待できると事で実名報道もなく、加害者の人権だけが守られた事案がいくつもある。

彼ら加害者がその後、どのような人生を送り、どうしたか?
その点についてメディアの報道は、法律の壁もあるのだろうか?まず報道しない。
(それとも稼ぎにならないのか?)

少年少女が、刑法上の少年少女によって殺害される或いは、成人が。

このような事案でも匿名でしかもその後は報道されない。

幸いな事にどちらの側にもたった事はないが、どちらの側にしろ、私自身が親であれば、犯人を執拗に追い詰めてでも「目には目を歯には歯を」と言う対応をするだろうし、逆に加害者側であれば全容を明らかにした上で、親子共々「命を絶つ」だろうと思う。

これが、極めて一般的な親子感情である事をオイラは真摯に願う。

同じような歳の餓鬼を持つ親として。



↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m
画像

↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村


アレコレお得情報










少年法講義 (法セミLAW CLASSシリーズ)



少年法実務講義案



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック