天台宗別格本山 角磬山 大山寺 

大山寺は、奈良時代養老年間に出雲の俊方による開山と伝わるようだ。
現在の本堂は本堂は昭和二十六年に再建だとか。

称徳天皇、慈覚大師との縁が深く、元々場所柄修験道だったのが、慈覚大師の縁より天台宗に帰依したのだとか。
といってもそれから1100年は経っているというから、改めてこの国の歴史の深さ、長さにびっくりする。


戦国時代の末世になり、世が乱れ、至る所に盗賊が起り、寺院も兵力を用いなければ保護する事が出来なくなり、大山寺も僧兵を蓄えたのです。元弘の頃には強力な勢力を誇っていました。元弘三年、当山の別当職にあった信濃坊源盛は兄名和長年公が後醍醐天皇を奉じて船上山に立てこもった際、兄の義挙を助け当山の僧兵七百余騎をしたがえて船上山に馳せ参じ、王事に勤めたのです。



山陰地方を風靡した尼子氏、また尼子氏を滅ぼした毛利氏、吉川氏、津和野城主亀井氏等、中国地方の諸将の大山寺への崇敬はあつく、それぞれ堂社の造営、仏像、領地の寄進等相ついでなされたのですが、其の後、戦乱相続き寺運も衰頽の一路をたどりました。


など公式サイトからの引用だがクラクラするほどの歴史である。

でっ参拝した。

画像

画像


仁王門で基本志納額の大人…300円、小人…200円を支払い石の階段を上る。

画像


画像

画像

画像

画像


階段を登りきり、有名な牛さんを撫でて、開運効果のある鐘を突かせて頂く。

画像

画像


そして本堂へお参り。

画像

画像


具合の悪いところ撫でると直るという有難い座像があったので、頭と・・・あとは・・・(爆)

画像



実はこの本堂からだとショートカットで大神山神社奥宮へ行けるのだか、知らずに一回降りて再度、大神山神社奥宮を目指した・・・。


お蔭で仁王門前にある湧水で喉を潤して顔を洗えたのだが・・・。


画像


*2014/08訪問

天台宗別格本山 角磬山 大山寺
住所:鳥取県西伯郡大山町大山9
電話:0859-52-2158
【参拝志納金】
<霊宝閣入館料含む>
●期間…4/1~11/30
午前9時~午後4時
その他の期間も参拝出来ますが、宝物館「霊宝閣」は12/1~3/31の間は休館です。
●基本志納額
大人…300円
小人…200円




↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m
画像

↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村


アレコレお得情報








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック