ダルビッシュで真珠湾攻撃?

今日、12月8日は日本が、米国に真珠湾攻撃を仕掛けた日でこのブログの先の大戦とか政治に関する方向性からすると本来は真珠湾攻撃がどうとか、米国に仕掛けられた陰謀とか、日本の当時の政治姿勢がどうこうみたいな記事が妥当な路線だろうが今年は違う(笑)

現日本球界で間違いなく最高峰の投手といえる日本ハムファイターズのダルビッシュ有がポスティングシステムによる米国大リーグ移籍を発表した。

これだろう。

ダルビッシュの米国本土攻撃だ(爆)


画像


ダルビッシュ有 オフィシャルブログ


ポスティングシステム posting system

1998年に調印された「日米間選手契約に関する協定」により創設。

フリーエージェント(FA)でない日本のプロ野球選手が、アメリカのメジャーリーグへの移籍を希望し、それを所属球団が認めた場合に行われる。移籍可能なチームは、後述の入札制度において最高金額の入札を行ったチームに限られ、選手自身は移籍先のチームを選ぶ権利が与えられない。

FA選手獲得と違う点としては、ドラフト指名権の譲渡義務が無いことと、入札金はぜいたく税の対象にならない点が挙げられ、テリー・フランコーナは同制度での松坂大輔獲得について「ダイスケを獲得できてよかった。なぜなら我々は誰も失いはしなかったからだ」と語っている

移籍への手続

移籍を希望する選手の所属球団は、日本プロ野球のコミッショナーを通して、メジャーリーグのコミッショナーにその選手が契約可能であることを告知(ポスティング)する。その後、メジャーリーグのコミッショナーがメジャーリーグの参加全チームにポスティング選手の連絡を行う。この連絡から4業務日以内に、対象者の受け入れに興味を持つチームはメジャーリーグのコミッショナーに交渉権の対価となる金額を入札する。最高入札額は日本の所属球団に通知され、日本の所属球団がその金額を了承した場合には、当該メジャーリーグ球団は当該移籍希望選手との30日間の独占交渉権を獲得できる。落札金額は、当該希望選手との選手契約が成立した場合に、日本での所属チームに全額支払われる。

日本での所属チームは、最高入札額を確認した上で、移籍の認可を決定をすることができる。このため、ポスティングそのものを認めるかどうかに加え、ポスティングの結果、入札金額に応じて移籍交渉を認めるかどうかの二段階において日本の所属球団に決定権があり、入札がない場合もある。30日間の独占交渉期間において落札球団との契約が成立しなかった場合には、翌年11月1日まで当該選手のポスティングによる移籍はできない。



ポスティングは確実だと報道されながら、夫人との離婚問題や本人が大リーグというかよその国でのプレーを望んでいない発言があったりとしたが、ついにこの日が来た訳だ。

球界至宝のダルビッシュがいなくなるのは寂しい。

しかしここは、「頑張ってくれ!」と云いたい。
(イヤ、オマエ、ナニサマダ?)

まぁ、野茂英雄の騒ぎ以来作られたこの制度なんだが、広島に所属したアレファンドロ・ケサダが適用第1号で実質1号というか日本人ではあのイチローが先鞭をつけて、日本人選手は、石井一久、大塚晶文、中村紀洋、森慎二、松坂大輔、岩村明憲、井川慶、西岡剛。

うーむ、イチローと石井一久以外はそれほど活躍できていないのも気になるなぁ~
セリーグは大塚晶文だけであといないのか。

でもよく考えると、球団からするとFAで移籍されると球団にはお金(移籍金)が入ってこないから、FA前に認めるとそれまでに選手育成や年俸として支払った金の回収がある程度出来るから、次世代の育成に金が回るという考え方はある訳で、それは悪くない。

そして選手と球団の利害一致(選手はFA取得より若く移籍可能)という部分を考えると仕方ないというか、米国のお金で両得ともいえる。


選手が自分が行きたいところにいけないというけれど、自分を高額で入札してくれるところが悪い待遇だったり、悪く思っている訳はない訳でそれほどの障壁でもないだろう。

ムネリンみたいにイチローと一緒の球団じゃないと行かないという小学生並みの希望は別として・・・。


ただ、あれだ。

WBCで二回も世界一になったのに、日本プロ野球界にはそれほどの魅力も価値もないと云われているのと同じなのは考えなきゃいけない。

向こうからもポスティングやFAで行ってプレーしたいと云われる位にならないとな。
例えば、ジーターがヤンキースからFAして日本のプロ野球でやってみたいと云わすぐらいのね。


清武うんぬん抜きに、GM制度の見直しも必要だろうし、ドラフト制度ももう一回考えなきゃいけない時期だろう。
更に云えば、一つの会社やグループが球団を支配するとかは辞めて、同じ理念とか方針に賛同した企業や個人が球団に出資して特定の企業の意志に左右されない球団経営が出来るようにして欲しいね。


ジャイアンツファンのオイラが言うのもおかしいけれど・・・。



しかし、今年のストーブリーグは忙しい。
なんか、村田が横浜から巨人なんて霞んでしまったわ。

中畑清の横浜モバゲー球団監督就任騒ぎも霞んだ。


そして、ほっとしたのは・・・。

もちろん、横浜DeNAの真田裕貴投手だな。
ポスティングでの入札無しという赤っ恥をダルのお陰で隠せたから。



因みに横浜DeNAは元巨人が占める模様で、OBの再就職先斡旋がナベツネの目的だった可能性がありそうなしょぼさが情けない。



あと、もうひとつ。
ハンカチ王子がエースキター!とか思っていないことを願う(爆)




↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m
画像

↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村


アレコレお得情報








貴重品になるよ。
ダルビッシュ有 [2012年 カレンダー]



佐藤義則 一流の育て方 ダルビッシュ有 田中将大との1600日 永谷脩


【プロ野球オーナーズリーグ】ダルビッシュ有 北海道日本ハムファイターズ スーパースター


でっ奥多摩(ダルビッシュ紗栄子)はどーする?
慰謝料狙いかな?
しかし、amazonさんのレビューが酷いね、紗栄子さん
Saeko One&only 「私は私」。ルールに縛られない、おしゃれな生き方 紗栄子



≪全国送料無料 冬ギフト/お歳暮≫【ハム】日本ハム 憧憬ギフト




【折れたバット アオダモ リサイクル】かっとばし 北海道日本ハムファイターズ【突破1205】


【送料無料】 CD/オムニバス/北海道日本ハムファイターズ 選手登場曲ベストコレクション 2011


【大幅値下げ】クレイジークリーク『座椅子』
CRAZY CREEK(クレイジークリーク) ヘクサライトオリジナルチェア
CRAZY CREEK(クレイジークリーク) ヘクサライトオリジナルチェア







MOUNTAIN SMITH(マウンテンスミス) モナーク -18
MOUNTAIN SMITH(マウンテンスミス) モナーク -18
MOUNTAIN SMITH(マウンテンスミス) モナーク -18







ペトロマックス HL1ストームランタン
ペトロマックス HL1ストームランタン
ペトロマックス HL1ストームランタン







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年12月08日 22:53
メジャーに行っても、次の世代が大塔するのが日本プロ野球の凄さでしょう。WBC優勝と、世界の中での格付けはリンクしていないんでしょうね。つまりWBC自体の見方が問題なんだと思いますよ。
広島も黒田を呼び戻すなんてセコイ事言ってないで、積極的に戦力補強に力を入れてほしいですよ。
ダメ元で杉内、狙ってほしいな~
Ryoma
2011年12月11日 17:30
>popyさん
まっ次世代どんだけ出てくるかって言うのは楽しみですが、メジャーが最高峰っていうのはやはり変えられない現実なんですかね?

球団経営の方法とか球場と球団の関わり方とかいろいろな問題を変えていかないとあのレベルの選手を留める程の魅力と金は用意できそうにないのがねぇ・・・。

あっ杉内くんすか?
高いっすよあいつ(爆)

この記事へのトラックバック