長崎龍馬伝紀行1

久し振りにテントに泊まらない旅行を家族としようという事で選んだ目的地は長崎市。
昨年の大河ドラマ「龍馬伝」のイベント展示が1月10日で終わるという龍馬伝絡みというか龍馬絡みの旅行としてはラストチャンスなタイミングで旅を決めた。

1月8日の早朝地元を出発し、山陽自動車道~中国自動車道~九州自動車道~長崎自動車道~長崎出島道路で長崎駅前を目指す。
因みにこれだけの距離を走っても料金はETC休日割引のお陰で1100円。
最後の長崎出島道路の100円が不当に高く思えてしまう位だ(笑)

山陽自動車道小谷SAで朝食を済まして広島県を駆け抜け、山口県入り。
坂本龍馬の愛した馬関こと現下関に到着。

画像
関門橋


画像
関門橋


そして関門橋の袂にあるSAで謎の行動をとる長女。

画像
長女


答えは後ほど(笑)

関門橋を渡った後は脇目もふらずに福岡県を駆け抜けて佐賀県を通り越して長崎へ。
大村湾PAで最後の休憩を。

何でもここは恋人の聖地だそうで、ブライダルの女王桂由美認定だそうだ(笑)
恋人の聖地のWEB SITEによると随分と各地にあるようで・・・。
画像
恋人の聖地



ここでも謎の行動をとる長女。
画像


大村湾PAを後にして、車は長崎市内へ。
長崎市内観光は、駐車場が少ないので路面電車がベストと聞いていたので、車を長崎駅前の駐車場においてまずは、長崎駅隣接の観光協会で長崎龍馬パスポートを購入。
画像
長崎駅


長崎龍馬パスポートは平成23年1月10日までの期間限定のパスポートで長崎奉行所龍馬伝館・グラバー園・長崎まちなか龍馬館・長崎市亀山社中記念館の4施設の入場券となっていてバラ買いするよりお得なパスである。

画像
路面電車


路面電車は長崎駅前から正覚寺下行きの1系統の路面電車に乗り込み、築町で下車。
目指すは新地中華街(新地中華街オフィシャルサイト)である。

徒歩数分で新地中華街へ。
横浜・神戸と並ぶ三大中華街とは云われるけれど思いの外こぢんまりとまとまった中華街をうろつく。
画像
新地中華街


ここでオイラは大きな勘違いをしていた。
ちゃんぽん発祥の店である四海楼はこの新地中華街にあるものと信じ込んでウロウロといらぬ時間を費やしたのである(笑)
あれは大浦天主堂下である。

画像


入る入らないは別として四海楼を見つけられない事にいらつきながら、腹減ったの大合唱にあわせて江山楼へ。
案内されたのは2階の座敷で、老練の下足番のおっちゃんに案内される。

ところでオイラが手にした下足札は・・・。

画像


まっ他意はないのだが(笑)

ちゃんぽん(並)と皿うどん 細麺の並をオーダー。

画像
江山楼の皿うどん

画像
細麺の皿うどん


長崎では皿うどんにはソー酢というものを掛けたり、地元のソースを掛けたりすると聞いていた。
ここ江山楼ではソー酢という透明な酢のようなそうでないようなモノを好みで掛けるとの事。

パリパリの細麺が餡にからんで変化していく食感を楽しみ、今まで自分が食べた事のあった皿うどんは偽物であった事を悟った。

長男とヨメはちゃんぽんをオーダーしていたのでお互いにこれをシェアしながら頂く。
画像
江山楼のちゃんぽん


これまた、今までオイラが食べていたチャンポン麺というのは偽物であった事を認識させられた。
鶏ガラのみで豚骨を使用していないというスープは濃厚でいてあっさり。

これは旨い。

黙々と食べてため息をつきながら店を後にしたのだった。

新地中華街からすぐの唐人屋敷跡を徒歩でウロウロ。
この辺りは、古い中華風の屋敷やお堂が残されている。
古い中国の信仰を垣間見る事が出来るのだ。

画像

画像

画像

画像


ここでも長女は謎の行動を・・・・。

画像


唐人屋敷跡周辺をウロウロとした後は新地中華街を再び通り過ぎて、築町電停を通り越して出島へと向かうのであった。


なんとこれだけで続く。


↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m
画像

↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村


アレコレお得情報























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

長崎出身のバーテンダー
2011年01月16日 19:07
いよいよ始まりましたね、
Ryomaさんの長崎物語。すごく楽しみです。
え~、ちゃんぽん、豚骨ではないのですか。
地ピーなのに・・・・知らなかった。(笑)
それにしても、長女さんの謎の行動・・・・、
気になります。(爆)
Ryoma
2011年01月16日 20:36
>長崎出身のバーテンダーこと、I木さん
長崎ちゃんぽんはどーやらこの江山楼の鶏ガラ100%は別としても多くのお店で比率は鶏ガラの方が多いようで7対3位までらしいです。

幕末から明治・大正期の日本人の好みからスタートとなるとやっぱり、豚骨がメインにはならないようで・・・。

長女の謎の行動・・・。
次回以降のお楽しみで(笑)
きーぼう
2011年01月16日 22:20
待ってました~♪

始まりましたね(^O^)/
う~ん・・・
本物の皿うどん・ちゃんぽん・・・
食ってみたいです!!
いたさん
2011年01月17日 01:46
なかなか内容の濃い旅ですね。

恋人の聖地!?それっぽいのが淡路SAにもありましたよ。
写真撮ってきましたが、ブログサボり過ぎでお蔵入りになっています。

龍馬伝の旅、京都にもおいでください。案内はできませんが(^^;
Ryoma
2011年01月17日 21:06
>きーぼうさん
コメントを書いてしまいましたね。
これで最終回までつきあう事が決定ですよ!
Ryoma
2011年01月17日 21:07
>いたさん
京都は少し前に行ったのですが、また行きたくなってます。

ゴチになるのであれば、いつでも(笑)

この記事へのトラックバック