週刊現代に釣られた・・・。(小田和正で)

週刊現代の最新号(2008年2/2号)に年収2億超!感動を歌い上げる”ラブソングの神様”小田和正「実家差し押さえ」がんになった93歳実父をなぜ救わないのかという記事に釣られて、小田和正&オフコースファンのオイラは週刊現代を買った。

記事によると実父と兄が継いだ薬局の不振で実家である家が仮差し押さえになっているという。
そして、その家は小田和正氏が10/3の権利を所有しているとの話。

しかしながら、薬局は実父から兄が継承しているし、実際の記事でもの件について実父にも小田和正氏にも兄は相談していないという。
長男が家業を継いでいて、それが不振になったから多少羽振りの良い弟に何とかしてくれというのは長兄としては言いにくい話であろうし、相談されてもというのが弟の実感であろう。

たまたま掴んだネタなんであろうが、両方から「相談していない」・「聞いていない」であるのに記事にするは無理があるような気がする。

ファンとしては気になるから買ってしまったが、それ狙いの釣り記事であろう。
釣られたオイラも情けないが、この程度で記事にしてトップ扱いとは何だか底が浅い気がするんだがどうだろう?

世の中を斜めに見る記事を書くのは良いのだが、取った裏がこの程度で家族間の話レベルなのに記事にするという姿勢は納得がいかない。
取材をしたからといって記事にするべきかどうかは別問題であるはずである。
この問題がそれ(家族間の問題)を越えて世間に知らしめるべき記事であったのかどうかよく考えて欲しいとオイラは思った。

他に追求すべき問題はあるだろうにねぇ>週刊現代さん









自己ベスト-2
自己ベスト-2

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

iwa
2008年01月23日 07:26
確かに深さがないですねぇ。雑誌の内容を問わず、ひとひねり欲しいもんです。誰かのブログでもここまでやるんだから。(笑)
Ryoma
2008年01月23日 12:39
>iwaちゃん
ホントに何だか浅い記事だったわ。
立ち読みで済ませば良かったかも(笑)

この記事へのトラックバック

  • STOP!THEFISHING!

    Excerpt: 小田和正の実家が仮差押え>“中高年の星”元オフコースの小田和正(60)の周辺が騒がしい。発売中の「週刊現代」によると、神奈川・逗子市にある小田の実家が仮差し押さえ処分を受けているという。まぁ、アレだ。.. Weblog: 街。の声 racked: 2008-01-27 14:26