四本までは力。1

これは、オイラの高校時代の実話+フィクションの話で週1回不定期連載だ。
しかも掲載曜日もいつか分からないというよーするにネタに詰まった時の馬鹿話である。

四本までは力。-序章-

楽器を買うにはそこそこに金が必要となる。
ベースギターは、先輩がいらなくなったといっているのがあると聞きつけて見に行った。
Precision Bassのヤツが良かったんだが、その先輩のヤツはjazz Bassのパッチモンだった。
東海というメーカーの製品でロゴマークもフェンダーそっくりのヤツだ。

20wの練習用アンプと併せて15,000円で譲ってくれるという。
使用歴1年未満で傷もない。新品なら三万円コースなので即決。

しかし、先立つものがないので信用貸しとして貰い、バイトを探す事にした。
親父が商工会議所の青年部に所属していた事もあり、ツテを辿って夏祭りのイベントの警備員をゲットした。


人気アイドルの「ひかる一平」の市営球場コンサートの警備員である。

日当は1万円。

大勢のファンが当日はくるので会場でロープを持ってファンのステージへの急接近を防ぐ役目を仰せつかった。

警備員なのでステージを見てはいけない。服装はこれで、休憩はこの時間で弁当は・・・。
会議所の職員の長ったらしい説明を仲間たちと聞きながら、プロの演奏が聴ける事の喜びをオイラ達は噛みしめていた。

「ありがとう、おとーさんっ!」

普段は思いもしない台詞が胸をよぎる(笑)


そしてまだ足りないベースギター代は、楽器屋の親父のところで聞き込み開始。

「おじさん、オイラ楽器買うんだけど、お金無いからなんかバイト紹介して!」

「おっRyomaくん、楽器買うのか?」

「じゃ割のいいバイトを紹介してあげよう!」

すっかり、自分の店で買うものと勘違いした親父は、商店街の土曜夜市でのバイトを紹介してくれる。
オイラが騙したんではない。あっちの勝手な勘違いだし、ベースギターを譲ってくれる先輩はここで買ったんだからまぁいいだろう(笑)

割のいいバイトとは、夜市で熊のぬいぐるみを被り、子供たちと戯れながら歩くことだ。
一晩で約2時間程度ウロウロして5000円。しかも二回していいという。

臭くて暑いのは分かっているが、これは割がいい。


親父、エフェクターの中古のヤツ買うぞ。
あと弦も新品を買うぞ。

あっ足りないな。

「あの予算にもう少し足りそうにないので出来れば3回・・・・。」

「う~ん、T高のヤツにも頼まれているしねぇ・・・。」

「T高の誰ですか?」

「Bくんだよ。知ってる?」

「ええ。でもアイツ他にもバイトしてるでしょ?」

「そうなの?う~ん・・・Ryoma君楽器買うんだよね?」

「はいっ!ベースを買うんですっ!」

3回決定である(笑)

そして、オイラは毎週土曜日にぬいぐるみを被り、寄ってきてケリを入れるお子様にハムラビ法典を体で教えながら夏祭りの「ひかる一平」コンサートを待ち望んでいた。


夏祭り当日。

商工会議所の職員の顔が暗い・・・・。
どうやら、チケットが残っているらしい。
それでもバスで来るファンからの問い合わせがあったとかで前に聞いた話を繰り返し,オイラ達に指示をする。

会場に着き、持ち場を確認。
ステージにはPAがおいてある。

が、しかし。

ドラムもキーボードもない。まだセッティングしないのか?
仲間たちとぼそぼそ呟きながら、ロープを張って並んでみたりしていた。

「おいっ!Ryoma!」

仲間の一人がオイラを呼ぶ。

「これさぁ、今日カラオケでやるんじゃない?」

「えっ!でもミキサー卓あるじゃん。」

「でもほら、舞台にバミってないし、ここにデッキがあるし。」

「なんだよ、そのバミるって。」

「舞台はモノをおく位置にガムテープとかで印をつけるんだよ。」

「演劇用語でバミるっていうんだよ。」

彼は演劇部である。
元々新聞部だったのだが、顧問が同じ先生で演劇部に男子がいなかった為に無理矢理入らされた悲劇の男でもあった。

そして、コイツをこのバイトに誘ったことが後々オイラ達に運を向けてくれることになるのだった。

夜の帳が降り始めた頃にコンサートが開始される。
プロの演奏家の事はすっかりあきらめていたオイラ達はファンの女の子たちはどんな格好でくるのだろうという話をしていた。

「やっぱ、ベストテンとかの中継ででるようなサテンの揃いの服だろ?」

「あれ、着てくんのか?恥ずかしいぞ?」

「いや、着替えるんだよ。きっと。」

「どこで?」

「そりゃ、便所とかだろ。会場の近くの。」

「・・・・・。」

オイラ達の視線は球場の外の公衆便所に注がれていた(笑)

「あっ俺トイレ。」

ぼかっ

「いや俺が。」

ぼかっ

じゃんけんで勝ったヤツが偵察に行くと云うことで話が決まり、演劇部がトイレに・・・。

「どーだった?」

「誰もいねー」

・・・・・。

そっか、バス停のあるスーパーのトイレかどっかだろう。
そりゃ、公衆便所はキツイよな。


そして開場の時間がやってきた。
ファンがどーって入ってくるのだ。緊張の一瞬である。



おばちゃんがダベリながら、2,3人・・・・。

続いておっちゃんが5,6人・・・・。

どーみても会議所の連中に無理矢理買わされた奴らだな。

若い女の子は・・・。

来たっ!

あれ?

4人?

サテンのお揃の服だが・・・・4人・・・。


そして結局集まったのはなんと総勢30名。
200人以上の規模だってふれ込みはあっさりと裏切られる。

こっちは楽なモンである。

熱狂しそうなのは4人(笑)
後は既におとなしくブルーシートの上であぐらをかいていたりするのだ。

そしてコンサート開始。

派手なカラオケがなり、アナウンスが入る。
舞台裏の急場拵えの階段を駆け上り、ひかる一平登場!

「いっっぺーちゃーん♪」

4人の絶叫(笑)むなしく揺れる4本のペンライト。

短パンの足を振り上げ、元気に舞台を走り、歌い始める「ひかる一平

真ん前で客席側を向いて体育座りでロープを持つオイラ達。

ひかる一平とオイラ達の地獄の時間は40分に及んだ。

「みんなっ!応援ありがとう! これからもヨロシク!」

「いっっぺーちゃーん♪」

「きゃーっ♪」


寂しそうな笑い顔で舞台をさる、一平・・・・。

気の毒である。


その後、テレビで彼を見ることは殆ど無かった・・・。




数日後、一緒にバイトした先輩が一言。

青いパンツだった。」

「えっ!誰が?」

「もしかして、あのときのサテンのお揃のおねーちゃんの着替えを見たとか?」

「追跡したんすっか?」

「いや、違う。」

「じゃあ、何ですか!」

「ひかる一平のパンツ・・・」


へっ?


「俺さ、一平が登場して足振り上げた時、上向いたらそこに一平のパンツが。」

「げっ!」

「そうなんだよ。あれから毎晩、一平の青パンが夢に・・・。」

「いや、先輩その話、もういいっすから。」


やばい、こっちまでその夢見そうだわ。


こうしてバイトで金を用意し、ベースとアンプの金を払い、そのベースを持ってエフェクターを買ってそのまま楽器屋に併設されているスタジオで初の本格練習を開始することになった。

それまでは、各自それぞれ別々集まったり個別練習だったのだ。
ここで一回スタートをきってから、例の後輩の蔵で鍛錬を積む予定なのだ。

ここは一回の利用が学生一人300円。毎回は使えない。

「あれ?Ryoma君それ何?」

「あっこれ△△先輩のベースですよ。中古で買ったんです。」

「えっ!あれ?中古?」

「そーなんですよ。新品を買う予算は無かったんで。」

「あっでも今日そこのエフェクター買う予定なんですよぉ。」

「あっあそうなのか。どれ?」

「そこのコーラスとイコライザーですよ。BOSSの。」

買い物をしたのでそれ以上文句を言えない親父。
まぁ大体、この親父、オイラ達高校生がビールやサントリーレッドを買うのを

「おとーさんのぶんだろ?」

って自ら言って黙認しているんだから、大きな口は叩けないはずなんだが(笑)

こうしてバンドの練習は始まった。

四本までは力。2に続く(マジで?)









ぼくたちと駐在さんの700日戦争 1 宣戦布告編―田舎町で繰り広げられたしょーもないイタズラ戦争 (1)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みろも
2007年10月24日 23:03
前回のが連載1ではないのですか?

ひかる一平・・・懐かしいけど、顔も歌も思い出せない(~_~;)

日当1万円って、当時にしてみたら高給ですね。
2007年10月25日 07:34
この時期に稼ぎ方と超営業術も勉強したわけでんな。いやっ、やっぱり生まれつきですか?

ひかる一平の非公式ファンサイトがあるんですねぇ。。。
Ryoma
2007年10月25日 11:02
>みろもさん
前回は”序章”でした。
そうそう、かなりの高給だったので争奪戦が繰り広げられました。
Ryoma
2007年10月25日 11:06
>iwaちゃん
よく見つけたねぇ~♪

この記事へのトラックバック

  • バイト求人情報誌に高校生歓迎募集情報

    Excerpt: 高校生のバイト募集 世の中にはさまざまなバイトの職種があります。そのようなバイトの求人を見ていると、高校生歓迎、高校生募集の文字があったりするバイトがあります。 一般的に、バイトの求人の資格の欄に.. Weblog: 短期バイト/在宅バイト探し racked: 2007-10-30 22:58