Ryoma's Bar

アクセスカウンタ

zoom RSS 福を求めて日野町 金持神社編 -たたら製鉄の伝説-

<<   作成日時 : 2017/07/28 19:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

旧社格は村社である金持神社だが、その漢字表記が「かねもち」と読める事から宝くじやロト6を買う人や競馬、競輪、競艇からパチンコ、スロットなどのギャンブラーからも崇敬を集めているらしい。
国道181号沿いに駐車場と売店がありアクセスも良いこともあって人気だとか。

今回は立ち寄る予定では無かったんだが、四十曲峠を久し振り通ってみたくなった結果、真横を通るので休憩がてらに立ち寄ってみた。
画像
金持神社拝殿


ここで金持(かもち)といわれている金は、いわゆる黄金ではなくて黒金である鉄である。
古くは、玉鋼の産地で、原料の金(砂鉄のこと)が採取できる谷を多く持っていた事に由来すると思われる。
黒金である鉄も黄金である金もどちらもキンとかカネと呼ぶことは日本人であれば常識であろう。

創建は810年と相当に古い。
そして、主祭神が天之常立神である事は珍しく、国土経営、開運、国造りの神様であるらしい。
縁起としては出雲と非常に縁が深く出雲の神社の神官が通りがかりに得た体験が創建の根拠であり、その後1333年、隠岐を脱出された後醍醐天皇を奉じて討幕の軍に参加した豪族である金持景藤の活躍がこの神社の地方での崇敬の元になっているらしい。

最近はSNSや旅行雑誌か。

とにかく、神社もそうだが、この有り難い氏である、「金持(かもち)一族」発祥の地でもあるらしい。
氏や姓については第一人者でオイラもその著作を有り難く拝読してる、森岡浩先生の碑文もあるので間違いはないであろう。

画像
森岡浩先生の碑文


駐車場から売店の横にある小橋を渡って、田園を少し歩くと金持神社の参道に至る。
偶々、田植え後の時期に行ったので美しい田園風景とその畦にモリアオガエルの卵塊を見る事も出来てちょっと感動した。

何せ、岡山県や兵庫県では絶滅危惧II類であり、準絶滅危惧として山形県、新潟県、栃木県、群馬県、長野県、静岡県、愛知県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県となっている貴重な蛙であるからだ。
画像


画像


肝心の金持神社であるが流石、古い村社で急な石段を登らなければならない。
画像


手水で手と口を清めるがこの階段は一瞬躊躇した(笑)
画像


急斜面ではあるが、思った程ではない距離を歩いて参拝。

画像
金持神社拝殿


画像


稲荷さんも・・・。
画像



画像


金持神社 
住所:鳥取県日野郡日野町金持74
駐車:有り
ご祭神
天之常立尊(あめのとこたちのみこと)
八束水臣津努命(やつかみずおみずぬのみこと)
淤美豆奴命(おみずぬのみこと)



鬼太郎 鳥取県応援TシャツM


ゆる〜いゲゲゲの鬼太郎 目玉おやじのやわらかアームレスト


鳥取「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない鳥取県の歴史を読み解く


↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m
画像

↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村


アレコレお得情報


アウトドアもヤフオク




















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


福を求めて日野町 金持神社編 -たたら製鉄の伝説- Ryoma's Bar/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる