Ryoma's Bar

アクセスカウンタ

zoom RSS 憲法9条を金科玉条に守れという言霊信仰の人達って何を考えているの?

<<   作成日時 : 2017/01/27 19:37   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

久し振りの政治ネタである。政治ネタなのにコトダマ?そう思った方は、騙されたと思って読んで頂きたい。結果的に騙されたままの可能性も信条によってはあるかもしれないが(笑)
アベ政治を許さないとか、憲法9条を守れとか、安保反対的な人達の事は報道されて、その逆は報道されないなと不思議に思っているオイラ。

全く話がズレるようだが正しい日本国旗はこの比率らしい。
画像
日の丸 日本国旗


でっ本筋に戻す。

よくよく考えて見たら、報道機関って朝日新聞とか毎日新聞だよね。
テレビ局も系列があるし、T○Sやフ○も何だかそっちよりだったりするしね。
でも、ここ数年、インターネットいやSNSとかでその傾向が崩れつつあるんだが、政治の世界に生きておられる特に野合・・・いや違った野党共闘とか騒がれている方々(公安監視対象の政党が日本にはあるんだよね)だったり、その中でブーメラン政党・・・と揶揄されるプラカードがお好きな政党とかにはその新しい流れをご存じないようだったりもするけれど。

さて、その日本で有数のクオリティペーパーを自認する朝日新聞とか毎日新聞は、戦前は散々支那大陸や満州へ行けと煽り、鬼畜米兵と騒いだのご存じだろうか?
戦後、慌ててGHQに叱られるのが恐くて積極的に・・・いや、弾圧があったと無くなってしまった陸軍や海軍のせいにしてほっかむりしていたが、誤魔化しきれなくなってきた時に吉田某のフィクションにのって、ありもしない従軍慰安婦を捏造し、この国を悪者にした。

そうそう、植村某は未だにほっかむりしているが、南京大虐殺の捏造をした、本多勝一元記者は記事は写真も含めて中国共産党・・・中国政府の人間から提示されたものをそのまま掲載しただけで検証は一切していないことを認めているが、朝日新聞は知らんぷりを決め込んでいるよね。

本多勝一元記者が、「南京大虐殺」写真の捏造認める!

なんで、それが出来たかというと戦前も戦後も同じでそれだと新聞が売れたからで、ジャーナリズムとしては最低の売れれば嘘をついても良いという体質は戦後70年経っても変わっていないといって良いと思う。

どこがクオリティペーパーなんだか。東スポ(失礼!)以下のゴシップ紙じゃないかとオイラは思うのだが(笑)

戦前は大本営以上に鬼畜米兵と、支那、朝鮮蔑視を騒ぎ立てて部数を伸ばし、戦中は戦意高揚記事で部数を伸ばした。
毎日新聞の100人斬りなどはその典型で全くもっての虚構を全国紙がやった悪例である。

戦後は、北朝鮮を楽園とか、ソ連を楽園と赤く虚報な記事を垂れ流し、天安門事件も嘘で固め、有りもしない従軍慰安婦や南京大虐殺を捏造した。
更にいえば、北朝鮮の日本人拉致すらも後ろを向いていた。
(当時、社会党も認めていなかった。そしてその社会党の一派は今、民進党と社民党にいるよね)

何故というとGHQの戦後政策は赤・・・共産党向きであったからそれに沿っていれば差し止めがないし、公職追放で勢いを得た左派にウケが良かったから。

つまり、公器ではなく、売れるからやっただけのメディアでこれは先進諸国ではゴシップ系とされる程度の新聞なのに公職追放で勢いを得た左派のせいで高尚なモノと完全に勘違いが起きたのが問題なんだとオイラは思う。


さて、表題だが。


憲法9条を死守せよと騒ぐ人達がいる。
安倍晋三首相の安保決議も何もかもダメで沖縄には基地が要らないと騒ぐ人もこの一派だと思う。

では、お聞きしたいのは、

「自衛隊は憲法違反ではないのですか?」

である。

日本国憲法 第9条
1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


1は別として・・・個人的には1は維持して良いと思っているが・・。
2はどのように検討しても自衛隊はダメではないか?

これを無視して、改悪はダメと騒ぐのであれば、まず自衛隊はどうしますか?

憲法で認められない、鬼っ子、法外の組織ですか?

アナタ達が忌み嫌う、「差別」ではないですか?

そして、改憲しないという以上は自衛隊は解体がご希望なんですよね?

と言いたい。

日陰者でいろと言うのかと。

更にいえば、自衛隊が解体なら、国防はどうするのか?
米軍もイラナイと沖縄に基地はイラナイと騒いでいる位だから、隣国が攻めてきたら諸手を挙げて歓迎する気なのかな?

支那が周辺諸国をどうしてきたのかまさか、ご存じないとは思わないんだが・・・。
チベットを代表例とするあの国の自治区といわれる場所は、全て支那ではない別の国、別の民族の場所だが、あのように蹂躙され、文化・宗教・伝統どころか、血統ですら奪われているというのに・・・。


アナタ達は、忌み嫌っている、この国特有の論理というのか信仰に実は犯されている。
それは言霊で、戦争とか軍隊とかいうとそれが現実になると困るじゃないかという論理。

明日、飛行機に乗る上司に、航空機の危なさを語れない空気である。

不吉な事を言うな!

これである。
だから、日本の契約書は未だに甘くて、契約書に失敗した時の話は書かれない。

そんな事を書いたら、本当に起きてしまうではないかという「言霊信仰」である。


閑話休題。

さてさて、憲法9条を守れという方々、どうやってこの国守るんですか?
前述した通り、9条を額面通りに読めば自衛隊は存在できません。
他国は日本に攻めてこないというのであれば、その証拠を教えて頂きたい。

まさか、その代わりに日米安保ではないでしょうし、習近平や金正日、プーチン、トランプさんだってが日本の憲法を守ってくれるとはオイラは思えませんが?

だって、自分の国の法律でもないですからねぇ・・・。

オイラ、安倍晋三さんや自民党さんのやり口や政策を全面支援する気はないけれど、公安監視対象の共産党さんや党首が戸籍を公表できないような民進党さん、泡沫政党の社民党さん、生活の党さんもどうやっても支持出来ないし、政教分離がどーみても怪しい連立与党の公明党さんも支持出来ない。

維新の党さんとか日本のこころさんも一長一短だしなぁと思う、一市民で末端のサラリーマンであるけれど、少なくとも嫁さんと子供達がいてこの国で暮らす以上は日本という国の事を考えるし、行く末もあんずるんだよねぇ・・・。

そうそう、脱線気味ではあるが、そういう意味において、OFF COURSE時代の小田和正氏の名曲である、「生まれ来る子供たちのために」は親になってから特に響いた。
(小田和正氏はお子さんがいないそうで、しかもこれは独身時代の楽曲らしいけれど)

生まれ来る子供たちのために (歌詞)

生まれ来る子供たちのために 小田和正


さて、こんな政治ネタ、興味はないと思った方、出来れば以下に挙げる書籍を読んで欲しい。
買わないまでもせめて図書館で借りてでも。
(といってもこの手の本は何故か、図書館に少なく、市民団体を名乗る、共産党下部組織民青の更に下部組織のしーるずとか何とかというヤツの共著とかは置いてあったりするんだよねぇ・・・)

米中開戦 躍進する日本 渡邉 哲也


マンガで読む嘘つき中国共産党 辣椒


アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史 マックス・フォン・シュラー


世界の裏側がわかる宗教集中講座: ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教、神道、儒教
井沢元彦


「言霊(コトダマ)の国」解体新書 (小学館文庫) 井沢元彦


さよならパヨク 千葉麗子


くたばれパヨク 千葉麗子


ママは愛国 千葉 麗子 (著), 倉山 満 (監修)


カエルの楽園 百田尚樹


行橋市議会議員 小坪しんや


家族という名のクスリ 金 美齢


大直言 青山 繁晴 (著), 百田 尚樹 (著)


ぼくらの哲学 青山繁晴



※この記事は、所謂個人ブログであり、本記事の内容について不毛な議論をする気は全くありません。
ブログ主の権限をもって、不毛だと思われるコメントは遠慮無く削除しますので悪しからず。



↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m
画像

↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村


アレコレお得情報


アウトドアもヤフオク


















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
沖縄のプロ市民や民主党、共産党、社民党はシナや朝鮮に養ってもらってるのは間違いないでしょう。プロ市民の3-5割が外国人との噂もあるようです。デモに日当・交通費とか支給されるらしいですから。公明党も外国人参政権を党是としていますから同じ輩です。

韓国はアメリカに捨てられるようです。これはシナと北朝鮮の勝利を意味すると思います。次は日本でしょう。

最近、「米中もし戦わば」を読了して戦慄しました。
キャンプを楽しめるような日常が明日終わってもおかしくないと思っています。

機会がございましたら読んでみてください。すぐに憲法改正して防衛費を10-20倍くらいにしてほしいです。
失礼かもしれませんが、先の短いジジババに多額の税金突っ込んでる場合じゃありませんよ。亡国が迫っているかもしれないのに。
Re-RT
2017/01/27 21:59
>Re-RTさん
コメントありがとうございます。
「米中もし戦わば」は気になっている本です。
ぜひ、読んでみたいです。

選挙制度を中選挙区に戻さない限り、ジジババに為する政策ばかりになりそうですね。

沖縄や反原発の連中にはかなり北朝鮮系の団体が潜り込んでいると聞いています。
公安さんにしっかりとお仕事をして貰わないとイケませんねぇ・・・。
Ryoma
2017/01/28 12:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


憲法9条を金科玉条に守れという言霊信仰の人達って何を考えているの? Ryoma's Bar/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる