Ryoma's Bar

アクセスカウンタ

zoom RSS たなかラーメン 和風な出汁の懐かしい中華そば -玉野市玉原-

<<   作成日時 : 2016/09/21 19:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

玉野市玉原。ハッキリ言って周りに何かある訳ではないエリア。
つまり玉野市に用事があってもわざわざ行く事になる。

でもその価値のあるラーメンというか中華そばだ。
まずはそのボリュームがウレシイ。

初訪問の時は並盛550円と名物だと聞かされていた豚めし130円をオーダー。
因みにこちらは、食券を券売機で買うシステムだが、券売機で買った時にはオープンキッチンの厨房にはレシートでオーダーが入るので食券は持っていれば良い。

そして何故か、食券は回収されない事もある(笑)

画像
たなかラーメン並盛


画像
たなかラーメン豚めし



テーブルの上には、カリカリ梅、高菜、恐らく出汁に使った昆布の細切り、なぜか天かすがあり、ご自由にというスタイル。
胡椒だけでなく、一味も置いてあり、ニンニクの摺り下ろしたヤツもある。

画像


その昔、うどんを饗していて、その名残と言う噂を聞いた事があるが、定かでは無い。
(先代の時代から当代の初めはうどん屋だったらしい。)
不思議なのは、天かす。

ここのメニューに天かすが出るようなメニューは無いし、綺麗な天かすを見るとわざわざ作っているようにしか思えない。

この辺りやワカメや月見がメニューにある辺りはやはりうどん屋時代の名残なのだろうか?


味は和風な感じがする出汁で醤油ラーメンなんだが、優しい旨さだ。
自家製麺だという麺も旨いんだが、ここの麺量は多い。

恐らく、並盛りで一般的なラーメン屋の大盛りに近いような気がする。
150g位はあるんじゃ無かろうかと思う。

しかも、薄いが大ぶりな叉焼が4枚、たっぷりのさっと茹でたと思われる細モヤシがたっぷり目に入る。他にトッピングは青ネギとナルト。

画像

画像


別の日に次男坊と一緒に行って、今回は並盛りのみにしてみたが、量的にはこれでオイラは十分というか満腹。

燃費の悪いお年頃の高校生男子も中盛りには途中で箸が止まりそうになっていた(笑)

画像
たなかラーメン中盛


ただ、隣の席で大盛りの叉焼麺にメンマと叉焼を別盛りトッピングして豚めしを頼んでいた猛者がいた。

体格からしていけそうな感じの方ではあったが、既に並盛を半分ぐらい食べている頃に来店し、オーダー。
それから5分後ぐらいに出てきて、燃費の悪いお年頃の高校生男子が完食するよりも早く完食してスープを飲み干す勢いには恐れ入った。

いやでも、旨い。

完全に好みの味。
倉敷の香風食堂ほど洗練はされていないが昔ながらな感じ。
でも、昔からの店よりは洗練されているというか、和風な感じが強いラーメン。
店名はラーメンとなっているが、中華そばとか支那そばと呼びたいラーメンであった。

画像
たなかラーメン店内


画像
たなかラーメン外観


画像
たなかラーメン券売機&メニュー


ラーメン並盛 550円 中盛650円 大盛700円
チャーシューメン 並盛680円 中盛780円 大盛830円
わかめラーメン 並盛550円 中盛650円 大盛700円
月見ラーメン 並盛550円 中盛650円 大盛700円
月見わかめラーメン  並盛730円 中盛830円 大盛750円
わかめチャーシュー 並盛600円 中盛700円 大盛880円
月見チャーシュー 並盛600円 中盛700円 大盛880円
豚めし 130円
替え玉100円

他トッピング有


※2016年7-8月訪問


◆たなかラーメン
住所:玉野市玉原2-5-4
電話:0863-32-1869
営業:10:30〜15:00
店休:月曜日・第3火曜日
駐車:有り(3台ぐらい)
喫煙:可



↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m
画像

↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村


アレコレお得情報


アウトドアもヤフオク




















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


たなかラーメン 和風な出汁の懐かしい中華そば -玉野市玉原- Ryoma's Bar/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる