Ryoma's Bar

アクセスカウンタ

zoom RSS 水木しげるの妖怪道五十三次は、歌川広重の東海道五十三次の本歌取的新浮世絵!

<<   作成日時 : 2016/07/31 18:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

水木しげるの妖怪道五十三次というあのゲゲゲの鬼太郎の水木しげる先生が歌川広重の東海道五十三次の本歌取的に原画を描かれて専門の方々が浮世絵に仕立てた画集がある。
これと高木コレクションと言われる歌川広重の東海道五十三次を並べて展示する企画が、平成28年7月22日〜8月28日(2016/07/22-8/28)の開催期間で、岡山県の県北、渦中田軍勝央町の勝央美術文学館で開催されている。

画像
水木しげるの妖怪道五十三次


入場料は、一般が500円で高校生・大学生は400円、小中学生は300円で未就学児童は無料というとってもリーズナブルな料金。

暑い夏だから、こういう涼しい美術館や博物館は良いよね。

こう見えても・・・(いや会った事の無い人にはどう見えるもないのだが)元美術部。
歌川広重の東海道五十三次は一応きっちりと知識にある。
(誰だ?本当は永谷園のお茶漬けの素に付いていたカード情報だろうと言うヤツは?)

昨日の記事の滝川食堂からも近く、ホルモン焼きを堪能してからの訪問。

展示は撮影禁止だから入り口までの撮影。

画像
ぬりかべ

画像



正直言って、二-三時間は必要な位濃い内容だ。

水木しげる先生の生い立ちや、小さいお子さん向けの鬼太郎関連の情報も満載。
しかも、水木しげる先生のお嬢さんの悦子さんの解説する、おとーちゃんの話のビデオも流れたりして好きなら半日は間違い無い企画展示だ。

※2016年7月訪問記録

勝央美術文学館
住所:岡山県勝田郡勝央町勝間田207-4
電話:0868-38-0270
開館:10:00〜1800(入館は17:30まで)
休館:月曜日
駐車:有り
喫煙:不可




鬼太郎と行く妖怪道五十三次


カランコロン漂泊記 ゲゲゲの先生大いに語る


水木しげるの妖怪事典


改訂・携帯版 日本妖怪大事典 (角川文庫)



【送料無料】 水木しげる漫画大全集 補巻2 媒体別妖怪画報集II



敗走記 [ 水木しげる ]
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

敗走記 [ 水木しげる ]
価格:572円(税込、送料無料) (2016/7/31時点)




姑娘 [ 水木しげる ]
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

姑娘 [ 水木しげる ]
価格:565円(税込、送料無料) (2016/7/31時点)





【中古】 お父ちゃんと私 父・水木しげるとのゲゲゲな日常 / 水木 悦子



ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘 文春文庫み41ー1 水木悦子 文藝春秋





↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m
画像

↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村


アレコレお得情報


アウトドアもヤフオク






















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


水木しげるの妖怪道五十三次は、歌川広重の東海道五十三次の本歌取的新浮世絵! Ryoma's Bar/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる