Ryoma's Bar

アクセスカウンタ

zoom RSS キャンプでクーラーボックスを快適に使うには!

<<   作成日時 : 2015/05/08 20:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

大概の方がこれ位の季節から秋口までキャンプを楽しまれるのだと思う。
そうなるとクーラーボックスはかなり重要でウチのブログにも検索でクーラーボックスの保冷とかで検索が結構なアクセス数になる。

クーラーボックスは当たり前なのだが、冷えない。
つまり、家から持ち出した時が一番保冷されている状況でそこからどんどん温くなる。

そんなクーラーボックスを日持ちさせようとすると基本的な対策は3つ

【1】保冷力のあるクーラーボックス
【2】予冷を行う
【3】地熱から守る

保冷力の高いクーラーボックスを買う。
当たり前の事だけれど・・・。

その時のクーラーボックスのサイズであるけれども、これは基本的に家族数×10Lで余裕をみて+10Lが基本だ。
4人家族ならば、50Lのヤツ。

但し、ドリンク類をソフトクーラーに入れたりと工夫すれば35L前後のハードクーラーボックスでも十分に耐えられる。

勿論、冷えるという意味ではモービルクールには敵わないけれど。

さて、今回はクーラーボックスネタでもオススメなクーラーボックスを紹介・・・ではなくて、より保冷力を維持する為の技の紹介。


そして「予冷」。
案外していない人が多いけれど、予冷はかなり重要。
キャンプに行く前の日の夜には、氷か安物の保冷剤をクーラーボックスに放り込んで予冷をする。

当日の朝に、ちゃんとした保冷剤と冷やした食材やドリンク類を入れてキャンプ場へ向かう。
この時にオススメの保冷剤はロゴス(LOGOS)氷点下パックGT−16℃ハード900なんだけれど、コイツは最低でも2-3日は冷凍庫で寝かさないと本領を発揮しないので注意が必要。



ドリンク類の内、お茶などは開栓して少し量を減らして凍らせて持って行くのもテクニックとしては有効だ。

そして、キャンプ場に着いたら、設営段階から日陰を探してクーラーボックスを置くことになるんだが、この時にクーラーボックススタンドはかなり重要。

食材の出し入れがしやすいというよりも「地熱」から守るという意味合いで必須だと思う。
と言うことは、出来るだけ高さが稼げた方が良い訳だ。

一般的にはコールマンのクーラーボックススタンドがメジャーなんだけど、割とお値段が・・・。
勿論、作りはしっかりしているんだけど。

Coleman(コールマン)クーラースタンド
●フレーム材質:アルミニウム
●重量:約2.0kg
●使用時サイズ:約44.5×50.0×33(h)cm(最大開時)
●収納時サイズ:約31.5×50.5×45(h)cm(最大閉時)約14×13×57(h)cm


でっオイラ的にオススメなのはこちら。

Hilander(ハイランダー)クーラースタンド
●フレーム材質:アルミニウム
●展開時サイズ:W50×D32×H45cm
●収納時サイズ:W66×D10×H8cm
●重量:1.45kg


我が家ではIWATANIのモービルクール RC-1800Nやフィクセル・ベイシス(FIXCEL BASIS) 300のスタンドしてこのHilander(ハイランダー)クーラースタンドを利用中。

ケース付きでこんな感じ。
画像



ハイポジションとローポジションのロック機構はこんな感じだ。
【ハイポジション】
画像


画像


【ローポジション】
画像


画像




IWATANIのモービルクール RC-1800Nを載せてハイの状態。
画像


IWATANIのモービルクール RC-1800Nを載せてローの状態。
画像


モービルクール RC-1800Nは16kg。
食材やドリンク類を入れると30kgを軽くオーバーするが全く問題なく使えた。


実はオイラはこのHilander(ハイランダー)クーラースタンドをハイの状態で車に積載してその上にモービルクール RC-1800を載せて現地に向かう。

こうすることで車の下面の熱からも避けられるし、スタンドの下側に荷物が入るので途中で食材を買い増ししても荷物を退けてからクーラーボックスの蓋を開けるという行為をしなくても済む。

こうして上手に利用することでクーラーボックスの保冷力はかなり違うので参考になれば幸いだ。



因みにオススメのクーラーボックスはこちら。

シマノ(SHIMANO)
HF−030N FIXCEL LIMITED 300(フィクセル・リミテッド 300)
●素材:PP+発泡ウレタン+3面真空パネル
●容量:30L
●重量:6.1kg
●内寸法(中央値/mm):幅259×長449×高260
●外寸法(最大値/mm):幅350×長583×高350
●※上ブタの断熱材は発泡スチレンです。


シマノ(SHIMANO)
UF−030N FIXCEL BASIS 300(フィクセル・ベイシス 300)
●素材:PP+発泡ウレタン
●容量:30L
●重量:5.3kg
●内寸法(中央値/mm):幅259×長449×高260
●外寸法(最大値/mm):幅350×長583×高350
●※上ブタの断熱材は発泡スチレンです。


oleman(コールマン)
54QTスチールベルトクーラー
●材質:スチール、ステンレス、発泡ウレタン、ポリエチレン
●本体サイズ:約60×42×41(h)cm
●重量:約7.5kg
●ラッチロック、ドレイン





↓ポチッとクリックしてやってください。m(_”_)m
画像

↓ついでにこちらもポチッと m(_”_)m
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村


アレコレお得情報


アウトドアもヤフオク





















【New・新発売】ヒルズ室内物干し・フィネス3段モービルタワーのモニター募集

【無添加】【無料】禁断の!洗たく槽の“ごっそり”体験しませんか?

ジョゼフジョゼフ/クリーン&ストア*洗剤ストッカーとバケツのセットアップ収納

ランズエンド メンズ 「コットンリネン・ライト・ジャケット」モニター募集!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
さすが!季節ネタで攻めてきますね〜!(笑)
キャンプ初めて10数年経って、やっとクーラーを真剣に考えてきております(笑)
ダークな隊長
2015/05/08 22:56
>ダークな隊長
季節ネタは当然です!
しかし、クーラーボックスは自分で冷えてくれるのが一番だと(笑)
Ryoma
2015/05/10 17:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


キャンプでクーラーボックスを快適に使うには! Ryoma's Bar/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる